エリート官僚がセクハラを否定する思考回路

心と頭の知能指数格差が「ひずみ」を生み出す

福田事務次官の「問題行動」の背景にあるものとは?(写真:ロイター/共同)

財務事務次官によるセクシュアル・ハラスメント問題が大きな注目を集めている。報道倫理の問題、メディアの取材姿勢などに論点は波及しているが、この記事では、そもそもの問題の原点である、セクハラの原因や背景について考えてみたい。

この連載の一覧はこちら

今回、セクハラの被害者である女性が勤務するテレビ朝日の対応に問題があったことは事実だ。まずは女性が上司にセクハラの事実を相談した時点で、何らかの組織対応をするべきだったといえる。

その一方で、この次官の行為を軽いものとして考える論調も散見される。「謝罪して、仕事を続けるべきだった」「セクハラは問題だが辞任するほどのことではない」といった声も聞こえてくる。別に触ったり、性交渉を強要したわけでもないから大したことではない、セクハラ発言などは事の本質ではない、という理解なのだろうか。

「痴漢」にも似た思考パターン

筆者の周囲の複数の財務省関係者によれば、福田次官のセクハラ癖は周知の事実だったようだ。酒の席で、女性記者に絡む癖は有名で、「いつか、これで失敗する」と長年、言われてきたという。

特に、若くて、口答えしないようにみえる女性をターゲットにセクハラ発言を繰り返してきたという。そういう弱い立場の人間であれば、歯向かうことも抵抗することもないだろうという「痴漢」にも似た思考パターンに見える。

次ページ政府側の責任は重い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT