44歳独身美人キャリア女性が悩む「一生の家」

「賃貸」or「購入」、人生が安心なのはどっちだ

​40代で独身ならマンションを買うべきか、悩むところ。 FPに相談すると、意外な答えが返ってきた(​写真:Taka/PIXTA)

44歳独身女性の咲子さんはマンションを買うべき? 

この連載の一覧はコチラ

今回の相談は、古くて新しい、独身女性とマンションの話です。会社員で美人の高下咲子さん(44歳・仮名)は、現在、東京都港区在住。月13万円の1LDKのマンションに住んでいます。年収は860万円。2年前から筆者主宰の「Cリーグ」(「C」は貯蓄のC)に通ってくれるようになり、嬉しいことに「貯蓄の習慣」がかなり身に付いてきたそうです。現在の貯蓄額は約2000万円。そんな彼女から、「マンションを買おうと思うのですが、相談にのってもらえますか?」と連絡がありました。

ご存じのとおり、マンションの価格はかなり上がりました。それでも住宅ローン金利は歴史的に低いままですし、もしかしたら一生独身かもしれないという思いもあり、咲子さんは購入を真剣に考えています。

咲子:歳をとると、家も借りにくいっていうし、住むところがあるってやっぱり安心かなと思うのです。持ち家のほうが、老後の生活費も抑えられますよね? でも、一方で、先に購入した友人達のように、30年ローンを組むことに迷いもあって。潮目の変わることも多い業界で、本当に65歳まで勤め上げることができるのか、自信がないのです。いくらくらいのマンションなら買っても大丈夫なのでしょうか。そして、結局のところ、賃貸と購入、どちらがいいのでしょう?

次ページ住宅ローンを返済しても、老後に必要なおカネは貯まる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT