30代夫婦は65歳までいくら貯めればいいのか

子どもの教育資金を保険で貯めてはいけない

30代で子どもがいる夫婦は、結局65歳までにいくら貯めればいいのか(写真:マハロ/PIXTA)

「保険に入れば老後は安心」は、間違い!

この連載の一覧はコチラ

今回の相談は、3歳のお嬢さんがいらっしゃる大崎さんご夫婦の「保険」と「教育費」についてのご相談です。夫の聡さん(32歳・仮名)は会社員。5歳年上で妻の真希さん(37歳・仮名)は会社経営をしています。

お聞きすると、勧められるままに7つも保険に入っていて、十分に貯蓄ができないとのこと。読者の皆さんは、「さすがに7つはないでしょ!」と思うかもしれませんが、そこは「断り下手」の日本人。こうした大崎さんのようなケースは、決して少なくないのです。もう1つは、保険に入っていれば漠然と「老後は安心だ」と考える人が多いこと。今回は、この考えが間違っていることも、数字で見ていきましょう。

まず、大崎家が加入している保険を見てみましょう。そのうえで、「人生設計の基本公式」に合わせて、条件を整理してみます。人生設計の基本公式とは、連載の初回「あなたの人生におカネはいくら必要なのか」でも説明しましたが、初めての方はもちろん、誰でもすぐに人生のマネープランがわかる公式なので、毎回復習しましょう。

ひとことで言えば、老後を「65歳以降」と定義したうえで、「現役時代の何割の水準で生きるか」を決め(平均は7割)、現役時代(たとえば65歳)までに貯めるべき「必要貯蓄率」(手取り収入に占める割合)を割り出すことです。イメージをつかむには前々回の記事「あなたは65歳までにいくら貯めればいいのか」をお読みになると、30秒で自分が貯めるべき額もわかるし、すぐにコツがつかめると思います。

さて、大崎家は「7つの保険」に加入しているということでしたが、月々どれくらいの金額を払っているのでしょうか。

大崎家が現在加入中の7つの保険の中身

・ 夫婦それぞれの「収入保障保険」と「医療保険」(計4つ)
・ 聡さんの2つの「終身死亡保険」――2つはまったく同じ商品で保険金額と払込期間の違うもの(1つは45歳払込満了・保険金額450万円。もう1つは60歳払込満了・保険金額720万円)
・ 真希さんのがん保険

なんと、7つの保険の「保険料総額」は年間約55万円。特に高いのが終身死亡保険で、2つ合わせて月当たりにすると2万5000円以上、年間で約35万円も払っています。終身死亡保険になぜここまで払っているかというと、掛け捨てではなく、貯蓄の機能もあるから、ということでした。

次ページ保険は無視!! まず収入に応じた必要貯蓄率を考える
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT