生命保険の「やめ時」を知っておくべきだ

すでに入っている人が考えるべきこと

生命保険の「やめ時」はいつなのでしょうか?(写真 : さわだ ゆたか / PIXTA)

ある媒体から、生命保険の「やめ時」というテーマで取材を受けました。加入している人やその家族にとって、不要だと思われる保険を選別する基準のようなものを提示してほしいとのことです。そこで筆者は次のようにお話ししました。

1.世帯主が万が一に備える保険は、子供が自立したらやめて良い。相続対策が必要な人以外、一生涯の死亡保障は不要

2.すでに繰り返し給付金を受け取るような健康状態の人でなければ、医療保険などもやめて良い

3.金利が高かった頃の貯蓄性商品は継続する

感情を遠ざけて、あくまで「保険の仕組み」から判断しているのがポイントです。

体験談に焦点を当ててはダメ

この連載の一覧はこちら

保険では、加入者に死亡保険金や入院給付金として還元されるおカネは「保険料―保険会社の運営費」なので、加入者全体の収支は、原則、マイナスになります。

人が抱きがちな不安や、インパクトが大きな体験談に焦点を当てると「(保険に)入っておくと安心」となりがちですが、虚心におカネの流れを見ると、保険は「おカネを失いやすい手段」なのです。

次ページ保険の「やめ時」を考える理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。