営業職の平均給与でみる営業が強い保険会社

外資系、損保系会社の平均給与が高い

保険会社の営業職の平均給与を確認すると見えてくること(写真:xiangtao / PIXTA)

営業が強い保険会社はどこか?

この連載の一覧はこちら

営業が強い保険会社はどこなのだろうか……。先日「保険に入るのなら、トップセールスの人にお世話になりたい」と言うお客様とお会いした際、浮かんだ自問です。一般に営業担当者の報酬は、新契約を獲得する力に大きく左右される体系です。そこで、営業職の給与を開示している保険会社のディスクロージャーを調べてみることにしました。「平均給与」を確認すると見えてくることがあるのではないか、と考えたのです。

2016年度の実績は表のようになりました。ただし、あくまで参考にとどまることをお断りしておきます。給与額は、当該年度の税込み平均と、年度末である3月の税込み平均を表記している会社が混じっています。また、賞与や時間外手当は含まれていないので、年収での比較も不可能です。さらに代理店についてもデータがないため、たとえば、保険ショップの人たちなどは対象になっていません。

単位:千円
会社名 平均給与
プルデンシャル 1458
東京海上日動あんしん 749
損保ジャパン日本興亜ひまわり 668
ソニー 653
メットライフ 629
三井住友海上あいおい 453
大同 389
アクサ 312
三井 298
日本 295
かんぽ 292
マニュライフ 284
第一 265
明治安田 257
住友 254
太陽 230
富国 224
朝日 156

一見してわかるのは、外資系、損保系会社の平均給与が高いことです。この点については、転職組の男性セールスが多い外資系や損保系の保険会社では、当初の1~2年間、大手生保などより高額の固定給を保証していることが関係しているかもしれません。

次ページライフプランナーの平均勤続年数
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。