人気急上昇の「変額保険」は本当に買いなのか

昨年の新契約件数は対前年比26%増だが…

最近、人気が急上昇している「変額保険」とは?(写真 : タカス / PIXTA)

とあるビジネス誌の保険特集号で、最近、人気が急上昇している保険として「変額保険」が紹介されていました。2016年の新契約件数は対前年比26%増、2014年比では約4倍だそうです。

筆者は、人気のほどはともかくとして肯定的な記事の内容を意外に感じました。一般の人が注意をするべき保険と認識しているからです。

商品の特徴は、記事にあるとおり「ベースとなる死亡保障を確保しながら長期の積み立て投資ができる点」にあります。

「死亡保障」と「将来に向けての資金準備」

この連載の一覧はこちら

当該商品のパンフレットの表紙にも「この保険は以下の保障を希望されるお客様におすすめの保険です」とあり、「死亡保障」と「将来に向けての資金準備」の2つがあげられています。

この時点で素朴な疑問が浮かびます。

1.死亡保障が欲しい期間と積み立て投資を行う期間が一致するだろうか
2.将来の資金準備のために投じる保険料で買える死亡保障の額と、実際に必要な死亡保障額は同額だろうか
3.単身者などが積み立て投資を検討する場合、死亡保障に要するおカネは、運用面での確実なマイナス要因ではないか

 

と思うのです。死亡保障の確保と積み立て投資を1つのパッケージ商品でやる理由が、よくわからないのです。

パンフレットにある加入例で考えてみます。保険料は月払いで2万円、30歳の人が60歳まで保険料を払い続けた場合の試算では、死亡保険金が901万円です。30年もの間、901万円の死亡保障を必要とする人がどれくらいいるのだろう、と感じます。子どもが生まれて1000万円前後の死亡保障を求める人がいるとしても、子どもが自立するまでの20年程度で良さそうです。

次ページ使い勝手はよくない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。