人気急上昇の「変額保険」は本当に買いなのか

昨年の新契約件数は対前年比26%増だが…

冒頭で触れたビジネス誌では、保険会社が見込みで設定している積み立て部分の運用利率が3%である点を「予定利率の高さも見逃せない」と評していましたが、注視すべきは、3%での運用が持続する場合でも、10年間はつねにマイナスになることではないでしょうか。

契約後、何%で運用できるかどうかは不確かなことであるのに対し、多額の手数料等が発生することは確かなことなのです。筆者が加入を勧められている顧客であれば、10年間、3%超の費用がかかるのは明らかに不利、とみなして敬遠したいと思います。

そもそも、死亡保障に要するおカネや手数料等の諸経費が、どれくらいかかるのか、すべて開示しておくのが筋だと思うのです。たとえば、投資信託では、運用期間中に発生する費用が0.2%程度の商品もあるのだから、仮にも1%を超えているような場合は、利用しないほうが賢明だ、といった判断がしやすくなります。情報開示がなされないのは、自慢できる水準ではないからではないでしょうか。

販売側の都合で生まれた商品?

情報が乏しい状況で、一般の人が、諸経費について考える際には、パンフレットにある「加入から1年後の払戻金」を確認すると良いでしょう。運用実績が0・3・7%のいずれの場合でも、払込保険料24万円に対し1万円となっています。「マイナス23万円から始まる積み立てが、将来の資金準備に有利だろうか」と立ちどまってみてほしいのです。

加えて、変額保険の説明に「ありがちな間違い」も、知っておいていただきたいと思います。保険料を投資信託などで運用するため「投資の基本」が語られるなか、留意すべき点があるのです。

まず、国内外の株式や債券に「長期・分散」して投資することが推奨されます。現実的な選択肢だと納得できます。ただし「長期にわたり分散投資するとリスクが少なくなる」といった説明は誤りです。長期になるほど、成果のバラつきが小さくなるのは当り前のことだからです。

筆者は野球が好きなので、各チームの勝率について、週単位で着目すると10割や0割もあるのが、月単位では7~3割くらいに収まり、シーズン単位では5割前後に落ち着くようなもの、と理解しています。「観戦の機会を増やすと、応援しているチームの勝率が上がる」わけではないのです。

積み立て投資の場合、5年より10年、10年より30年投資するほうが、リーマンショックのような事態に出合う機会は増えるはずです。年長者ほど多くの天災を体験しているだろう、と想像するとわかりやすいでしょうか。

ビジネス誌には「長期にわたって分散投資を行うのでリスクは格段に少なくなる」という記述がありました。ファイナンシャルプランナーや金融ジャーナリストでも同じ誤認をしている人がいるので要注意です。

次に「時間の分散」がすすめられます。一定額を定期的に投資する「ドルコスト平均法」と呼ばれるやり方です。多額の資金を持たない個人には、なじみやすいと思います。とはいえ、最終的に投資対象の価格が値下がりしている場合、成果はマイナスに終わるようなこともあるため、特に有利な手法というわけではない、という認識も不可欠です。

その点に関して、本稿で取り上げた商品のパンフレットには、「ドルコスト平均法の注意点」として、損失を防止する投資法ではないと明記してあり、筆者は好感を持ちました。

それにしても、死亡保障の確保と積み立て投資を1つの商品で行う理由はどこにあるのでしょうか。筆者は、つまるところ、販売側の都合によるものではないかと見ています。保障と投資の2つの機能が合体することで、保険料に多くの経費が含ませやすくなり、顧客が負担する高い経費は販売側の高収益につながる、というわけです。金融商品にかかわる人たちの「利益相反」について改めて考えさせられます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT