保険のプロは「自分の保険」をどう見直したか

保険代理店社長が入っている保険の「その後」

10年の月日を経て、代理店の店長Aさんはどのような見直しをしたのでしょうか?(写真:Naoaki / PIXTA)

2007年に初めて自著を上梓する機会に恵まれた際、「プロが入っている保険」として、ある保険代理店の社長(以下、Aさんとします)が加入している保険をご紹介しました。

この記事には大きな反響がありました。月々6872円の保険料負担で「賢明な選択だ」と納得できる理由が語られていたからでしょう。

それから早いもので10年の月日が流れました。Aさんには今年、更新を迎える契約もあります。そこで、今日までにどんな「見直し」をしたのか、伺ってきました。

10年前入っていた保険は2本

この連載の一覧はこちら

10年前は33歳。専業主婦の配偶者と4歳と2歳の子供がいたAさんが加入していた保険は

●損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「収入保障保険」

60歳まで、万が一の際、月額15万円が遺族に支払われる。保険料は月々4650円

●東京海上日動あんしん生命「医療保険」

入院日額5000円、がんの診断時・急性心筋梗塞と脳卒中で所定の状態になった場合、一時金300万円が支払われる。保険料は2222円、10更新型

の2本でした。

まず「収入保障保険」は、世帯主の死亡に備えています。「妻は専業主婦だし、子供が小さい間に、自分が急死するようなことになると、さすがに困るので、死亡保険は必須」という判断です。

ただし「相続対策でもないかぎり、一生涯の死亡保障が確保できる『終身保険』は不要」と考えているため、60歳まで期間限定の保障にしています。

次ページ月額15万円にした理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • コロナショック、企業の針路
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT