ライフネット生命、「まだ契約23万件」の茨道

お客さんの「常識」を変えるのは簡単ではない

「保険は難しいを終わらせるという考えはまったく変わっていません」と語るライフネット生命保険の岩瀬大輔社長(撮影:尾形文繁)
隔週水曜日にお届けしている生命保険に関する連載。今回は、番外編として、オンライン専業保険の草分けであるライフネット生命保険・岩瀬大輔社長へのインタビュー。厚切りジェイソンを起用したテレビCMなどを通じ、「きちんと考えてから入る」を広めようとしているが、その道のりは決して楽ではないようだ。

 

この連載の一覧はこちら

――ライフネット生命は、準備会社から含めると2016年が10年目の節目でした。「保有契約件数23万件」への率直な思いは?

現在は保有契約件数23万件、ご契約者数にすると14万人ほどです。生命保険会社の中では決して大きい数字ではないかもしれませんが、とはいえ、東京ドームの客席は5万5000人ですので、東京ドームおよそ3つに値する規模です。東京ドームに行くと、いつもそのことを考えるのです。10年前ゼロからスタートした新しい生命保険会社に、これだけ多くのお客様に保障を預けていただけているのだ、と。そのありがたみ、重みはつねに忘れないようにしています。

一方で、創業したときはもっと早く、もっとたくさんの方にネット生保を使っていただけるのではとも思っていたので、まだこの程度なのか、という思いがあるのも事実です。新しいものの普及には時間がかかる、ということを感じています。

なぜ付加保険料率を公表しているのか?

――私がいちばん評価しているのは、御社の情報開示です。保険料に見込みで含まれている保険会社の運営費の割合(以下、付加保険料率)と給付実績がわかる。

売り手と買い手の情報の非対称性が崩れていくというのは、保険の世界に限らず、いろいろな業種で起きています。これはインターネットの普及で起こっていることだと思います。どのような商品であっても、最も安いものが最も良いもの、とはいえないのは当然ですが、お客様の判断材料として、これからもきちんと開示をしていこうと考えています。

次ページフルオーガニック? ハーフオーガニック?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。