生命保険を契約する際に押さえるべき3要点

商品やサービスを作るのは消費者だ

消費者が意識すべき3点とは?(写真:xiangtao / PIXTA)

昨年末の記事で、銀行窓口で販売されている一部の商品で手数料が開示されるなど、保険業界で好ましい変化が起こっていることについて書きました。

2017年のはじめにあたって、筆者が注目しているのは「消費者側の変化」です。保険会社が提供する商品やサービスを進化させるうえで、最も強い影響力を持っているのは、消費者です。消費者の意識が変われば、商品・サービスの進化を促すことができるのです。

では消費者がどのように変われば、商品・サービスが変わっていくのでしょうか。実は、何も難しいことはありません。これから述べる3点を意識してもらうといいと思います。

1「自分の言葉で説明できる保険」を利用する

この連載の一覧はこちら

「保険はわかりにくい」と言う人とお会いするたびに、消費者にも半分くらいは責任があるのではないだろうか、と感じます。「仕組みなどがよく理解できないものにおカネは出せない」と考える人が多ければ、状況は変わっていると思うからです。

読者の皆さまには「今、入っている保険、あるいは検討中の保険について、自分の言葉で保障内容などを説明できるだろうか?」と自問してほしいと思います。おそらく、複数の「特約」が付加された商品や、複数の商品の「組み合わせ」で提案されるプランに関しては、説明をすることが難しいと思います。

次ページ売れない商品はなくなる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT