生命保険の「やめ時」を知っておくべきだ

すでに入っている人が考えるべきこと

保険の「やめ時」を考えるのは、おカネを大事にしたいからだと思います。そうであれば、おカネを失いやすい手段の利用は、極力控えたほうが良いはずなのです。

筆者は日頃から「もともと、保険は入らないほど良いもの。もし、入るとしても必要最小限にとどめるべき」と発言しています。そのため、「何も入らなくて大丈夫なのか?」と尋ねられることもあります。

その際は「何があっても大丈夫、と言い切れる保障を持とうとすると、おカネがいくらあっても足りない。私たちは皆、健康保険に入っている。健保は、所得が低い人や高齢者の費用負担が軽減されるなど、民間の商品には難しい仕組み。無保険状態どころかいちばん良い保険に入っている」と返すことにしています。

どのような「反発」があるか

「言われてみればそのとおりだ」と納得する人がいる一方、反発されることもあります。主に次のような理由からです。

1.「病気になるリスクが高まる老後の保障がないのは不安」

2.「保険を解約した後、大病にかかるようなことになったらどうする?」

3.「貯蓄性がある保険の場合、元本割れしても解約するのか?」

お気持ちはわかるつもりです。営業マン時代の私も同じようなことを心配していたからです。しかし「願望」が思考を妨げていた気がします。

まず、老後の保障に関して言うと「リスクが高まるゆえに、保険の利用が向かない」ことになります。発生頻度が高い事態に手厚く備えると、保険料も高くつくからです。「老後も安心だと思いたい」という切実な願望があることと、願望にかなう方策があるかどうかは別の話なのです。

「保険料負担の大きさを問題視するなら、一生涯の保障がある保険に早めに加入し、現役の間に保険料を払い終わるといい」といった見方にも願望が反映されていると思います。

次ページ契約が長期になるほどリスクが大きい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT