存在感のある女性は自分を「客観視」できている

鏡や専門家の力を活用してみるという視点

スタイリストによるショッピング同行サービスも利用者が増えています。クライアントの出したいイメージに合わせてトータルコーディネートを提案してくれたり、逆に本人が自分では想像できなかったスタイル、アイテム、色の組み合わせを提案してくれたりします。「こんなスタイルが似合う、意外な自分」を発見できたりするのも楽しいでしょう。

プロに「丸投げ」せずに準備すべきこと

このような外部のプロの力を、好奇心を持って積極的に活用してください。といっても、気が引ける方もいらっしゃるでしょう。私の実感では、セミナーなどの参加型のスタイルには女性は積極的なのですが、専門家に依頼するスタイルには消極的な方が多い気がします。その原因として、「相性が合わなかったらどうしよう」と必要以上に気を使うことが挙げられます。

もちろん、お互いの相性が合わないこともあります。例えば、依頼したスタイリストから好みが合わない服や、役職や専門性に合わないスタイルしか提案されないケースなどです。これを防ぐには、依頼しようとしているプロのブログ、書籍、口コミなどを見て、情報収集することが大事です。そのうえで依頼して、体験後「違う」と思えば、やめる、変える、は自由です。気を使いすぎることはありません。

ただし、利用するときには、準備もしておきましょう。それは「自分が課題と思っていること」「自分が目標としていること」を考え、自分なりに言語化しておくことです。

プロはあなたの「これを解決したい」「こうなりたい」という意図を大事にし、それに沿って提案や指導を行います。例えば、「軽く扱われないようにしたい」「上司としての品格を身に付けたい」「クライアントから信頼を勝ち取りたい」など、シンプルなものでもいいでしょう。

『「一流の存在感」がある女性の振る舞いのルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

中には「専門家に丸投げすれば、知らない自分に変身できる」というサービスもありますが、責任あるポジションを担う女性なら、「丸投げ」より「自分の現状や意図を理解しておく」ことを自分でできる限りしておくことのほうが成功します。

必ずしていただきたいのは、まず「なりたい自分」「与えたい印象」をしっかり認識することです。「自分を他人にどう見せたいか?」という意識したうえで、そのための「最善の振る舞い」を選ぶ、能動的な姿勢こそが大切です。「エグゼクティブ・プレゼンス」を身に付ける人に、受け身の姿勢は似合わないのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。