最速で目標達成する人が使う「KPI以外」のワザ

Google、Facebook、メルカリが導入

世界の成長企業が注目している「OKR」という目標管理のツールとは?(写真:Fast&Slow/PIXTA)
一昔前とは比べ物にならないほどのスピード感が求められる現代。昔と同じようにPDCAを回していては間に合わない、もしくはMBO、KPIといった目標管理の仕組みを導入しているけれどうまく活用できていない、という企業も多いのではないだろうか。そこで注目されているのが「OKR」だ。
GoogleやFacebook、国内ではメルカリなどの成長企業がこぞって導入していることでも知られるこの新しいマネジメント手法は、実はシンプルで、あらゆる企業や個人で活用できるのだそう。OKR Japanマスターファシリテータ第1号である天野勝氏にその仕組みを聞いた。

GoogleやFacebookが導入するOKRとは?

OKRという新しい目標管理手法をご存じですか? GoogleやFacebook、インテル、メルカリといった成長企業が導入していることでも有名なので、注目しているビジネスパーソンも多いと思います。

こういった成長企業での導入事例を聞くと、スタートアップ(起業)にしか使えないものなのかと思ってしまいがちですが、そうではありません。スタートアップのほうが導入しやすいのは事実ですが、一般の企業においてもOKRは有用です。

伝統のある企業の場合、MBOやKPIといった目標管理の仕組みがすでに導入されている場合も多いと思いますが、これらとOKRを組み合わせて使うことも可能です。

OKRの仕組みは実にシンプルなので、企業レベルでOKRの仕組みを導入することはもちろん、個人の目標管理に使ったり、チームや部門の目標管理に使うこともできます。

さて、そんなOKR、「興味はあるけれど詳しくは知らない」という人のために、いったいどんなものなのか、解説していきましょう。

OKRとは「Objective(目標・目的)」と「Key Result(主要成果)」という2つの言葉の頭文字を並べた言葉で、Key Resultは、Objectiveがどのように達成しつつあるかを端的に測るための指標です。例えばチームの運営にOKRを採用するならば、そのチームとしてのあるべき姿を明文化し(Objective)、そのあるべき姿にどのように近づいているかという達成状況を測定するための主要成果を3つから5つ程度決めます(Key Result)。

測定するのですから、Key Resultは定量的なものである必要があります。主要成果の変化の具合を見ながら、チームが目的に向かって進んでいるかを確認していきます。

次ページキーワードは「野心的」という目標値
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。