PDCAがAI時代では「オワコン」な根本理由

いま米国の優良企業が重視する「OODA」とは

PDCAサイクルと、OODAループの違いとは?(写真:metamorworks/PIXTA)  
不確定な経営環境のなかで競争優位を築くカギとしてOODA LOOP(ウーダループ)が話題になっています。もともとアメリカ軍の行動原則のOODAが、なぜビジネスの世界で注目されるようになったのでしょうか? OODAをビジネス視点で解説した古典的名著の日本語版『OODA LOOP(ウーダループ):次世代の最強組織に進化する意思決定スキル』を翻訳・解説した神戸大学大学院の原田勉教授に、なぜPDCAではなくOODAなのか、OODAはどのようなビジネスに役立つのかについて語ってもらいました。

PDCAサイクルがうまく回らない理由

インドのことわざに「貧者に魚を与えるな。魚の釣り方を教えよ」というものがあります。魚を与えてもそれを食べてしまえば一時的に飢えをしのぐことはできます。しかし、これでは貧困の解消という問題解決にはなりません。無償で(魚を)援助するという行為は、長い目で見ると援助への依存度を高め、かえって問題を悪化させてしまいます。それよりも、魚の釣り方自体を教えるほうが、貧困、飢えの解消につながります。

『OODA LOOP(ウーダループ):次世代の最強組織に進化する意思決定スキル』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

しかし、魚を与えてその釣り方を教えない、というのは私たちの身の回りでもよく起こっていることではないでしょうか。例えば、PDCAサイクルということがよく実務では取り上げられます。PDCAとは、計画(Plan)、実行(Do)、チェック(Check)、修正(Action)という順序でのこのサイクルを回していくことです。

PDCAサイクルが機能するためには、出発点である計画がしっかりしたものでないといけません。優れた計画を立案するためには、計画立案者が必要な情報を持ち、目標だけではなくそれを達成するための手段を明示することが重要になります。そのような場合、計画実行には、たとえ多くの努力や労力が現場に要求されたとしても、創造性やイニシアティブはあまり要求されません。

つまり、これは計画に従う立場の者に対して、魚を与えて釣り方を教えていないということにほかなりません。確かに、売り上げが魚だとすれば、計画は釣り方に該当します。けれども、学習する組織の次なる段階は、手段自体を魚と捉えることです。そうすると、PDCAはその手段をいかにして獲得するのか、という魚の釣り方を教える段階には至っていないことになります。

次ページPDCAサイクルが機能するには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT