最速で目標達成する人が使う「KPI以外」のワザ

Google、Facebook、メルカリが導入

初めてKPTAふりかえりを行うときは、次の5ステップで進めます。

① Keepを挙げる
② Problemを挙げる
③ Tryを挙げる
④ Tryを選択する
⑤ Actionを決める

まず、Objectiveおよび、Key Resultの達成に対して、いいと思われる行動を各自が付箋紙に書き、「KPTAボード」(図を参照)のKeep欄に整理しながら貼ります。このとき、1人が1枚ずつ順に意見を出していく「ラウンドロビン」という進め方がおすすめです。

2回目以降のKPTAふりかえりは、前回のKPTAの確認から始めてください。Try、Actionを確認し、今後も続けていくことが望ましいならば付箋紙をKeepに移動します。不要なTry、Actionは取り除きます。

Problemを確認し、不要なProblemがあれば取り除きます。Keepを確認し、不要なKeepがあれば取り除きます。

いちばんのカギは、続けるべきことのあぶり出し

Keep欄には、TryとActionから付箋紙が移動してくるのでたくさんたまります。そのため、見やすくするために整理するということもありますが、本当に重要なのはチームとして続けていく行動を明らかにすることです。

『最短最速で目標を達成するOKRマネジメント入門』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

チームの能力が向上したり、外部環境が変化したりすることによって、ある行動を行い続けることが、チームのパフォーマンス低下を引き起こしているかもしれません。そのようなものは、Keepから外しましょう。その後は、初回のステップ1〜5の進め方と同じです。

これを行うことで、チームとしてなにを続けることが重要なのか、簡単にあぶり出せるでしょう。

いかがでしょう。駆け足の解説になってしまいましたが、OKRについて、またその効果についておわかりいただけたのではないでしょうか。

仕組みは実にシンプルであらゆる業種と親和性が高いこのフレームワーク、ぜひ、みなさんのオフィスやみなさん個人でも取り入れてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。