PDCAより「OODA」が日本で導入しやすい理由 

「宮本武蔵とキーエンス」は戦わずして勝つ

一対多数で勝つには何が必要でしょうか(写真:wavebreakmedia/PIXTA)
アメリカ海兵隊だけでなく、ビジネスの世界でも優良企業に採用され、いま話題のOODAループは、2冊の東洋の書物の影響を受けています。1つが『孫子』、もう1つが宮本武蔵の『五輪書』です。発売1週間で2万部を突破した、古典的名著の日本語版『OODA LOOP(ウーダループ):次世代の最強組織に進化する意思決定スキル』を翻訳・解説した神戸大学大学院の原田勉教授に、前回の「PDCAがAI時代では『オワコン』な根本理由」に引き続き、OODA(観察<Observe>、情勢判断<Orient>、意思決定<Decide>、行動<Act>)はビジネスにどのように役立つのかについて、宮本武蔵の決闘を事例に語ってもらった。

なぜ武蔵はたった1人で剣術の名門を破れたのか?

宮本武蔵は生涯で60を超える決闘を行い、そのすべてに勝利しています。それらの決闘のなかで有名なのは、佐々木小次郎との巌流島の戦いです。しかし、これはかなり吉川英治の小説『宮本武蔵』(新潮文庫)の創作が入っているようです。

『OODA LOOP(ウーダループ):次世代の最強組織に進化する意思決定スキル』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

おそらく武蔵にとって最も重要な勝利は、京都の一乗寺下り松での吉岡家一門との決闘でしょう。吉岡家は将軍家兵法指南役を務めた名門であり、そこを破ることで武蔵の名声は飛躍的に高まりました。この吉岡一門との決闘は、一度だけではなく、複数回行われたようです。そして、その最終的な決闘となったのが、一乗寺下り松の決闘です。

では、武蔵はなぜ勝利することができたのでしょうか。小説では、一乗寺下り松の決闘では、数十人に対して武蔵が一人で立ち向かい、勝利したことになっています。確かに現場には数十人とも数百人ともいわれる門弟たちが集まっていたようです。

次ページしかし、実際の相手は…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT