「デキない営業」がしている無駄な働き方5つ

ガムシャラに働けば成果が出るわけではない

ガムシャラな働き方をいつまで続けますか? 今よりラクになる働き方のノウハウを紹介(写真:プラナ/PIXTA)

働き方改革が施行され、残業時間を減らす企業が増えてきています。半強制的ではありますが、その流れは悪くないでしょう。しかし一方で、「残業を減らせと言われても仕事量は変わらない」という矛盾に悩む人も多いのではないでしょうか。とくに営業職の場合、働き方改革のおかげで「ノルマが軽くなる」といったことはないのです。

ほとんどの会社には、「定時に帰ってラクに結果を出す」というノウハウはないでしょう。ということは会社に頼るだけでは、苦しい現状を打破することは難しいのです。自分自身で「個人の働き方改革」をしていかなければ、これからの時代に生き残る営業マンにはなれません。

あなたはガムシャラな働き方をいつまで続けますか? いきなり変えることはできませんが、意識を変えていくだけでも、少しずつ仕事はラクになっていきます。『営業の働き方大全』の著者でもある営業コンサルタントの筆者が、もっとラクに成果を出し、営業活動を楽しいものにするための、小さな働き方改革を厳選し紹介します。

「理由」を明確にして断る

「断る」選択肢を持つ

上司からのお願い、クライアントからの依頼、全部引き受けてしまっていませんか? 「無理」「理不尽」だと感じた仕事は「断る」ことが必要です。

ただ、いくら無茶ぶりともいえども、すぐに「無理です」「できません」というのは不誠実であり、確実に相手からの評価を落としてしまいます。そうして無駄に評価を落としてしまうのは得策ではありません。相手を配慮しうまく断りつつも、自分に負担をかけすぎないことが大事なのです。

手始めとしては仕事が受けられない「理由」をはっきりと伝えましょう。相手も理解を示して、時間的に余裕をもらえるかもしれません。

それでもダメな場合は、「代替案」を出すことをお勧めします。相手の仕事をすべて引き受けられないのでしたら「この部分だけでしたら可能です」「あと数日、余裕があれば大丈夫です」など条件を提示すればいいのです。「理由」と「代替案」をセットにして提示するクセをつけましょう。

それでもダメな場合? その会社にいるのはお勧めできません。

次ページ「忙しい」という人ほど無駄な時間を過ごしている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT