20代4人が語る「平成の恋愛」への強烈な違和感

マッチングアプリが日常化した世代のリアル

■1990年代から増加傾向にあるもの

「外国人と結婚することに抵抗はない」
1994年 20.2% → 2018年 29.3%
 

一方、1990年代から増加傾向にあるものはほとんどありません。顕著なものは外国人との結婚についてくらいでした。国内外で外国人と接する機会が増えたり、身近な知人の国際結婚を見聞きする機会が増えたりしたことなどが、緩やかなスコアの上昇に寄与しているのではと考えられます。

変わらなかった項目はちぐはぐな印象

■1990年代からあまり変化がなかったもの(一部を紹介)

「女性に結婚適齢期はあると思う」
1992年 68.9% → 2018年 66.7%
「男女のつきあいで女性がリードするのもいいと思う」
1994年 42.4% → 2018年 48.2%
「デートの時の勘定は男が払うべきだと思う」
1994年 27.8% → 2018年 24.7%
「人前でキスすることに抵抗はない」
1998年 8.6% → 2018年 6.8%
 

1990年代からあまり変わらなかった項目は、なかなか特徴的でした。

平成初期と比べて女性の生き方の多様化や男女の平等化は着実に進んでいるように思われますが、それでも「女性に結婚適齢期はあると思う」や「男女のつきあいで女性がリードするのもいいと思う」など交際時の男女のふるまい意識には、それほど大きな変化がありません。それだけこの意識が強固ということとも考えられ、興味深い結果となっています。

次ページ平成生まれの男女はどう見る?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT