未婚者が「愛」より「金」を圧倒的に信じる理由

はたして結婚において大事なのはどちらか

愛とお金、結婚において大事なのはどちらでしょうか(写真:takasuu/iStock)

愛を信じるか? お金を信じるか?

あえて、二者択一で答えるとしたらどちらでしょうか? もちろん、この2つは二元論として語るべきものでは本来ありません。「愛があればお金がなくてもいいのか」ということにはならないし、「お金さえあれば愛がなくても生きていけるのか」ということでもありません。

しかし、この「愛か? お金か?」という問いへの答えは、案外社会環境に応じて大きく変化してしまうものでもあります。『「飲酒量が多いほど」生涯未婚率が高まる事情』でも書いたとおり、景気がよければ、お金の価値より愛の価値が高まり、結果として婚姻率も高まっていました。景気が悪くなれば、愛より金の価値が高まり、婚姻率も連動して下がるわけです。

愛か金か、時代によっても変わる

では、景気がまだよかった頃の1992年と現在の2018年とで「愛を信じる」vs「お金を信じる」人の割合の差分が、どれくらい変化したのかを比較してみましょう。男女年代別に比較したのが下のグラフです。

この連載の一覧はこちら

26年前と比べると、男女とも愛への信頼を失っていることがわかります。1992年は、男女各年代ともすべてが「愛を信じる」ほうが多数派でした。

ところが、2018年は逆転されて、すべてが「お金を信じる」方向にシフトしています。特に振れ幅が大きいのが、男性のほうです。ご存じのとおり、生涯未婚率が急激に上昇したのは1990年代以降ですし、離婚率の上昇も同様です。

愛を信じられなくなったから結婚しなくなったのか? 結婚できなくなったから愛を信じられなくなったのか?

次ページ未婚者と既婚者で比較
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT