未婚者が「愛」より「金」を圧倒的に信じる理由

はたして結婚において大事なのはどちらか

先ほどデータは未既婚合算のものなので、ソロと既婚とを分けて比較してみましょう。標本は変わりますが、私が主宰するソロもんラボで2018年1月に調査した結果です。

既婚男女は、40代男性を除けば、すべての年代でまだまだ「愛を信じる」率が高いようです。細かく見ると、既婚男女ともに、年代が上がるごとに愛が消えていく傾向にあるのに対して、50代既婚男性だけ愛が最大化しています。つまり、50代既婚男女は夫婦間での意識の乖離が激しいということです。

未婚、既婚できっぱり分かれる意見

一方、ソロ男女はきれいに全員全年代が「愛なんか信じちゃいません」。こうなると、むしろ清々しさすら感じます。ソロ男女とも「愛よりお金を信じる」年代は20代です。『独身男が「結婚コスパ悪い説」を信奉する理由』という記事で紹介しましたが、結婚はコスパに合わないと考えてしまう遠因がこんなところにも表れているともいえます。

ソロ男女とも、双方がこれだけ「愛よりお金を信じる」体質なのですから、結婚どころか恋愛だって進行するはずがない。そういう見方もできますが、1人で生きていくためには経済的自立は必須であり、何よりお金が大切だと考えることも当然です。そうした生き方自体もまた否定されるべきものでないでしょう。

というと、愛ある結婚生活を送られている既婚者の皆さんからは、「愛とお金はトレードオフの関係ではない」「お金で愛は買えない」というご意見をいただきそうですが、そうはいっても、結婚生活においてお金は大事な要素であることは経験者であればこそ身に染みて感じていることと思います。

次ページ昔話で「愛と金」について考えてみる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT