20代4人が語る「平成の恋愛」への強烈な違和感

マッチングアプリが日常化した世代のリアル

こうした変化について、今の若者たちはどう感じるでしょうか?

平成生まれの男女はどう見る?

そこで、平成元年以降に生まれた4人の男女にグループインタビューを行いました。20代の彼らにとってはまだ物心つく前である平成初期の考え方は、いったいどう映るのでしょうか。

「生活定点」の恋愛・結婚データを眺めてもらったうえで、その中から「気になったデータ」をピックアップしてもらい、選んだ理由などについて自由に話してもらいました。

※インタビュー対象者は機縁法で選定(研究者の知人のつながりを介した被験者リクルーティング)
 
生活定点のデータから気になるものを選んでもらいました(筆者撮影)

……というわけで、平成生まれの男女がとくに気になったデータを彼らのコメントと合わせてご紹介します。

気になるデータ①(4人中、4人が「気になる」とピックアップ)
「いくつになっても恋愛していたい」
1998年 49.9% → 2018年 29.3%
 
次ページ40代は恋愛にポジティブだと感じる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT