あなたの部下が「報連相」しない本当の理由

なぜ情報が思うように上がってこないのか

何気ない言葉の使い方ひとつでも、間違えれば部下の信用をなくす原因になってしまいます(写真:mits/PIXTA)

「部下からの報連相(報告・連絡・相談)が思うように上がってこない」――。

講演や研修を通じて、たくさんのリーダーの方たちから筆者の元にさまざまな相談が来ます。その中でも圧倒的に多いのが冒頭の「報連相が上がってこない」というものです。

おそらく、リーダーの悩みの上位3位以内に入るのではないかと思います。実際、私も会社員時代、リーダーとして営業部隊を率いていたのですが、部下から思うように情報が上がってこないことにつねにイライラしていました。

部下に「報連相」を絶対に上げさせようと、高圧的に命じて、厳しく管理していました。また、部下が「報連相」を怠るたびに、激しく叱責していました。

「報連相」が上がってくる5つの方法

ところが、まったく効果が出ず揚げ句のはてに部下たちからそっぽを向かれる始末。また、このようなことが在籍した複数の会社で繰り返し発生し、降格人事を3回も食らうハメになりました。

3回目の降格人事ののち、再びリーダーに復帰した私は、とにかく「このままじゃいけない」と思い、「もし自分が部下の立場だったら」という視点から考え直すことにしました。そして、さまざまな試行錯誤をした結果、拙著『部下に9割任せる!』でも紹介している次の5つの方法にたどり着きました。

1.  「なぜ」を使わない
2.  解決策のヒント“だけ”を与える
3.  「デキる人」よりも「相談しやすい人」になる
4.  他人の責任にしない
5.  部下との小さな約束を守る

さっそく1つずつ見ていきましょう。

1. 「なぜ」を使わない

「なぜと聞くことは大切ではないか」と反論したくなった方もいらっしゃるかもしれません。確かに要因を考え、掘り下げていくことは必要です。トヨタやリクルートなどでは「なぜを5回繰り返す」といわれていますし、私も大切なことだと思います。

ただし、気をつけなければいけないのは、「なぜ」は自分に問いかけるときだけに使う言葉だということです。

次ページ責められていると感じる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。