子どもの「突飛な夢」も支えるハワイ流子育て

家族で人生計画会議に取り組む一家の場合

ワカイ家の3人。日系人でありハワイ育ちのグレン氏(中央)と日本育ちの妻ミキさん(左)は子育ての常識も異なった。娘のシエラさん(右)は2人の良いところを合わせたような性格、と両親は褒める(写真:ワカイ氏提供)

親なら誰でも、子どもが自分の希望する道に進んで活躍してほしいと思うだろう。だが一方で、子どもの進路や将来について「こういう道に進んでほしい」「あの子にはきっとこの道が向いている」などと期待してしまうこともある。

だが、いくら稚拙であっても子どもには子どもなりの意見があり、考えがある。たとえその“夢”が親の希望するものとは違っても、親が何を言うか、言わないか、どう応援する姿勢をどう見せるかが、その後の子どもの行動を変えていく。家族で「人生計画会議」を行うハワイ在住の家庭の家族会議を取材した。

親は子どもに無用な手出しをしない

「私たちにとって、家族会議はお互いを誤解しないためのもの。生活になくてはならないものですね」と言うのは、ハワイ在住のミキ・ワカイさん。現在ハワイ州の上院議員を務めるグレン・ワカイさんの妻であり、自身もビジネスコンサルティング業を自営する女性だ。

この連載の一覧はこちら

ミキさんは15歳で単身アメリカに移住し、その後もずっとアメリカに暮らしているが、日本生まれの日本育ち。グレンさんは、日系アメリカ人。乳幼児期からずっとハワイでアメリカ人として育ってきた。

いわば国際結婚の2人にとって、「家族のツーカー」は通じない。結婚当初から2人には密な話し合いが欠かせなかった。もちろん、子育て観についてもだ。

ワカイ家:家族構成
父:グレンさん 母:ミキさん 娘:シエラさん(19歳)
家族の課題:娘が自分で目標を作り進める人になってほしい

「アメリカ人の私と日本人のミキとの間で子育て観が違うというよりも、コミュニケーションの方法が違ったのかなと思います。文化の違いを知ることは楽しいですし、ミキは日本人的な優しさや察する力を持っていて、すばらしい母親です。でも子育てについてはアプローチが異なっていて意見を交わすことは多かったですね」とグレンさんは言う。

次ページ3歳から「人生年表会議」を始めた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT