子どもの「突飛な夢」も支えるハワイ流子育て

家族で人生計画会議に取り組む一家の場合

シエラさんは見事3000本の歯ブラシの寄付を取り付け、その後は歯の磨き方のビデオを作るなどして、ネパールの子どもたちに歯ブラシと、歯磨きの大切さを伝えることに成功した。

シエラさんの発案で、ネパールに3000本の歯ブラシ、フロス、歯磨き粉を寄付した際の写真。シエラさんは学期末テストのためハワイに残り、ビデオを作ってそれをネパールの山奥で上映した(写真:ワカイ氏提供)

現在19歳になったシエラさんは、親元を離れ、本土カリフォルニアの大学に通っている。進みたいと思っているのは医療分野だ。

夢は途中で変わってもかまわない

「スパイはいつの間にか諦めたようで(笑)。今は医師を目指しています。高校生のときの人生年表会議で目標設定を変えて、今は、夢に向かって進んでいますね。でもまたこれが途中で変わったとしても、私たちは別にかまわないと思っています」とミキさんは言う。

シエラさんの夢の変更に、両親の仕事や、ネパールでのボランティア活動が与えた影響は大きいだろう。でも両親は決してそれを娘に強いたりはしなかった。

「たくさんの価値観や世界を見せてあげることは、親が子どもに与えられる唯一のギフトです。世界を知って、どんな経済的な違いがあるのかを知り、グローバルな視点を持つことが若いうちにできたら、そうした経験は大きなアドバンテージになります。そのうえで、子どもが最終的にどんな選択をするかは子どもに任せたらいい。

私たちはどんな選択でも、彼女の選択なら、きっと正しいはずだと信頼しているんです」(グレンさん)

「結局、スパイでも医師でもなんでもよくて。何かゴールを持ってほしい、というのが私たちのいちばんの願いだったのかもしれません。自分が立てたゴールに向かって何ができるのかを考えたときに、明日やるべき目標が見える。目標を実行すれば、社会にもインパクトが与えられる。そのことを知ってもらいたくて会議をしてきたのだと思います」(ミキさん)

親が子どもに、言葉と態度でどう伝えるのがベストなのか。ワカイ家の長年の家族会議には、そのバランスのヒントが散りばめられていた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT