40歳無貯金女性の魅力が急騰した「逆転の発想」

じわじわと目立ってきた「尊敬婚」の実態

「尊敬婚」は自身のアピールが決め手となります(写真:Pangaea/PIXTA)
結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、急激に変わっている日本の婚活事情について解説する本連載。今回は、近年目立ってきた「尊敬婚」について説明します。

結婚に関する価値観は時代とともに変わっています。女性は「自分より年収が高い男性がいい」という考え方が根強いですが、男性も「自分と同じ年収、あるいは上でもよい」という人が6割くらいを占めます。若い層は特にこの傾向が顕著で、5年前くらいからこうした声をよく聞くようになりました。

そこで、ここ2~3年で目立つようになったのが、女性のほうが年収が高いカップルの成婚です。男性が女性に対してリスペクトするから、「尊敬婚」と呼んでいます。年齢は男性が上の場合も、女性が上の場合もあります。

「社会的に成功している」かどうかが判断基準

尊敬婚の軸となるのが、女性が「社会的に成功している」かどうか。従来専業主婦に求められていた「料理がうまい」といったことではなく、仕事での評価が高く、収入もあることに対する尊敬なのです。

この連載の一覧はこちら

医学部入試で女性差別の問題がありましたが、実際出産を機にやめてしまう女医さんもいますよね。親御さんに協力してもらって仕事を続ける例もありますが、結婚が遅ければ親も高齢なため、体力的に孫の世話を頼むのも難しい。ところが、尊敬婚の場合は、男性が積極的に家事に参加してくれる例が多いのです。

36歳の女医のYさんの場合もそうです。彼女は38歳の公務員Kさんと結婚しましたが、年収は彼女のほうが2.5倍多かった。Yさんは大学病院で働いていて、手術もするし当直もある。論文も書かなければいけない。一生涯その仕事を続けたいと思っています。ただ、仕事を続けるのであれば、家で夕食を作るなど家事をフルにこなすのは難しい。

一方、公務員のKさんは夕方6時に保育園に子どもを迎えに行くことができるし、ご飯も作ってくれます。家を守ってくれる、主夫のような夫が家にいると、安心して働けるわけです。最近は自転車に子どもを乗せて、保育園に送り迎えをする男性も増えましたよね。

次ページ婚活女性のほとんどは尊敬婚の発想がない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。