イケメンIT社長が、どうしても嫌いなもの

オールアバウト、江幡哲也社長の好き嫌い(上)

1対1でじっくりと行われるコミュニケーションが好き

楠木:江幡さんは、ツイッターやラインはやってらっしゃるんですか。

江幡:やっています。ITビジネスをしている人間として、という意味合いが強いですが。やってはいますが、何を食べたとか、誰と会ったとか、個人のプライベートなことは書きません。プライベートを不特定多数の人に向けて発信する、というのはあまり好きではないのです。

楠木:わりとITビジネスをやっている人は、自分のプライベートをさらけ出すことが好きな人が多いような気がしますが、その点も違いますね。ITの人に限りませんが、セレブリティを目指しているような人は、プライベートをさらけ出すことで自分に対するアテンションを上げるというか、さらけ出すこと自体が快感になっている人が多いじゃないですか(笑)。

江幡:私の場合は、自分の弱い部分を出すのが嫌いというのもあります。ですが、1対1など、特定の人とコミュニケーションをする場合は、その限りではありません。少数の人と、じっくり話すことは好きです。そういうときは、オープンになって、プライベートのこともどんどん話しますよ。

楠木:社員とのコミュニケーションはどうですか。じっくりとするタイプですか。

江幡:そうだと思います。社員とのコミュニケーションでも、どちらかというと、ベタベタした感じのほうが好きです。

楠木:そういえば、オールアバウトは、正社員の方々がほとんどなんですよね。派遣社員とか、アルバイトの人があまりいないという。

江幡:基本は正社員です。ほんの一部の契約社員であるプログラマーの人を除けば。

楠木:それは創業当初からでしょうか。

江幡:そうです。

楠木:基本が正社員というのも、いわゆるほかのネットベンチャー企業とは違う部分といえますね。経営の中で、嫌いな仕事とかはありますか。

江幡:そうですね……。人事や査定といった部分でしょうか。

楠木:人事や査定が好きな経営者っているんですか。

江幡:けっこういると思いますよ。自分はあまり好きではありませんね。人事評価とか査定なんて、なくてもいいんじゃないかな、って思っているくらいですから。しかし、マネジメントにおいては、信賞必罰といったようなメリハリは必要だとは思っていますが。

楠木:ほかにはありませんか。

江幡:社内のことでいえば、人間関係がゴタゴタするのはイヤですね。たとえば、仕事上で何か失敗が生じると、それにかかわった人の人間関係がこじれたりするじゃないですか。裏で誰かの悪口を言ったり、というような。それがいちばん嫌いです。ビジネスですから失敗はつきもので、それ自体には動じないのですが、それによって起きる人間関係のゴタゴタはイヤです。

(撮影:風間仁一郎)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT