日本のサラリーマンが不幸だと感じる理由

純文学者・磯﨑憲一郎氏の好き嫌い(下)

ジミー・ペイジのギターソロのように

楠木:磯﨑さんの小説は、いったいこの話どうなるのかな、というのがまるで想像できない形で進んでいくことが多いのですが、お書きになっている磯﨑さん自身も、先がどうなるかわからないままで書かれているそうですね。やはり事前に落としどころがわかるのは好きではないのですか。

磯﨑:そうなんです。小説家の中には、あらかじめ作品の設計図、プロット(構成)を考えてから書き始める人も多いのですが、私は、そうしたものは一切ありません。何もない状態から書き始めます。

楠木:取材もしないのですか。

磯﨑:しませんね。あるのは最初の一文だけで、次はどう書いたら面白いか、という推進力だけで、その次の一文を考えながら書いているんです。

楠木:なぜそういうスタイルがお好きなのですか。

磯﨑:作者が事前に考えて用意したプロットというのは、読者も必ず見破ってしまうんです。面白くならない。予期せぬ展開を出したいのです。仕組んでいてはそれができません。プロットがないままに書き進めていって、書き上がったときに、自分でも予想できないものが仕上がっていたというほうが、書いていても面白いのです。転調とか段差も含めてですね。それもロックから学んだことかも知れません。

楠木:予定調和ではダメだと。ツェッペリンのギタリストのジミー・ペイジのギターソロみたい(笑)。ギターソロが始まって、そのときのノリというかグルーヴ次第で、どんどん転調していくような。異様に長くて、やっているうちに本人もわからなくなる。

磯﨑:まさにそのとおりです。ペイジも言っていますが、初期のライブでは、実際に演奏が始まってみないと、どんなグルーヴが出るかわからない。そのときの化学反応をステージで起こしてみる。それこそが面白い、と。

楠木:でも、そのような終着点が見えない書き方だと、不安になりませんか。このまま書き続けていると、どうなっちゃうんだろうとか、完成することができるのか、とか。

磯﨑:もちろん、不安になります。書いていて、やっぱり無理だなと思って、時間をかけて書きためたものを捨ててしまうこともありますし。1日かかって、一文も出てこないときもあります。けれど、その不安との戦いこそが、至上の喜びなんですね。

楠木:その辺、マニアですね。というか、いわゆる1つの芸術家。

磯﨑:これは芸術というものはみんなそうかもしれませんが、あらかじめ考えられたものなんて、たいしたものじゃないんです。それを小説や音楽というフォーマットを借りて、その形式に載せて、あらかじめ自分の持っていた力を超えるところまでいかないと、何事も面白くはないと思うのです。

次ページ馬鹿馬鹿しい質問
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT