フェイスブックより早い学内SNSって??

2回転職してスタートアップ!

IT・ネットの業界に限らず、若くて元気な起業家達が、「スタートアッパー」として世間で注目を集めている。この流れを象徴するひとりが、仲暁子氏だ。ゴールドマン・サックスに入社した後、Facebook Japanに初期メンバーとして参加。その後、Facebookを活用したソーシャルリクルーティングサービス『Wantedly』を展開。大企業→スタートアップとキャリアを進めた仲氏が注目のスタートアッパーと対談するのが本連載。彼らはどのような価値観を持って、起業へと踏み切ったのだろうか。知られていないホンネを探る。
3人目は、株式会社Zaim代表を務める閑歳孝子さん。個人で開発した家計簿アプリ「Zaim」が人気を集め、2012年9月には株式会社Zaimを設立。WEBでもサービスを開始し、オンライン家計簿サービスの可能性を広げている。いち早くネットの魅力に気づき、学生時代から新しいサービスを作ってきた一方で、記者をはじめさまざまな職種を経て、起業に至った閑歳さんから、キャリアチェンジのあり方を探った。

:「Zaim」を作るとき、どんなことを思い描いて作ったんですか。

閑歳:楽しくおカネを管理するようなサービスを作りたいと考えています。家計簿というと「節約」を連想する人も多いかと思いますが、節約って、どこか後ろ向きな気持ちになってしまいがちです。1円や10円を切り詰めながら生活するのって苦しいじゃないですか。そうではなくて、たとえば月に10万円の予算で生活するとして、最後の日に1万円残っていたら、おいしいものを食べに行ったりプレゼントを買ったりしたほうが心に残りますよね。おカネをうまく使うことで、思い出や人生の楽しみを増やしたい、そういう思いでサービスを作っています。

当たり前じゃない就職を選択した

:閑歳さんは起業まで、3社経験していますよね。大学を卒業してまず日経BP社で記者をされていたそうですけど、どういう動機で入ったんですか。

閑歳:そもそも日経BPに入る前に、2社で迷っていました。大学生のときMicrosoftで1年間インターンをしていたので、そのままMicrosoftに就職してMSNなどのサイトを担当するのも面白そうだなと思っていました。だけど、いろいろな会社を訪問できる機会って就活以外にあまりないですよね。それで就職活動の時期が始まると、早い順にいろいろな会社を受けてみました。テレビ局とかリクルートとかベネッセとか。あとサイバーエージェントも。

:サイバーエージェントって、当時はそうとう小さい規模だったんじゃないですか?

閑歳:私が受けたのは2000年でしたから、今に比べるとまだまだ小さかったですね。私はとにかくインターネットがすごく好きで。当時の渋谷はインターネット系のベンチャーが集まってきて、ビットバレーって言われていた頃です。おそらく世間一般では、「成金がたくさんいる」「派手だ」「品がない」といったイメージがあって、私には実際のところよくわからない世界という状況でした。それで様子を知るいい機会だと思って、受けました。

次ページフェイスブックより早い学内SNS
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
キオクシアが株式公開<br>2兆円上場に潜む「死角」

旧東芝メモリHDのキオクシアHDが10月6日東証に上場します。想定時価総額は2兆円を超え、旧親会社の東芝を大きく上回っています。3年以内の株式公開、半導体世界10傑入りと着実な歩みに見えますが、実は順風満帆ではありません。その課題とは。

東洋経済education×ICT