ゲーム好きから酷評の嵐「Fallout76」の弱点

それでも僕らが「プレイを止めない」理由

オープンワールドゲーム「Fallout76」の世界観に魅力はあるものの、オンラインゲーム特有の問題点も見受けられる(写真:ベセスダ・ソフトワークス)
物心ついたときからゲームと付き合い続けてきた筆者が、その長いゲーム歴から最新作や過去の名作までを掘り起こして語り尽くす連載。2019年最初に紹介するゲームは人気海外ゲームシリーズ最新作の『Fallout76』。発売前から前評判の高かった今作を筆者はどう評価する?

2018年11月15日、人気のオープンワールドゲームであるFalloutシリーズの最新作。「Fallout76」が発売された。

今作はシリーズ初のオンラインゲーム。発売前には今作の舞台となったウェストバージニア州が11月14日(現地での発売日)を、ゲーム内のプレイヤーたちがアメリカ復興のために旅立つ日を表す「再生の日」として正式に認定。ロケーションのモデルとなった遊園地でファンミーティングが開催されるなど、発売前の期待感は非常に高かった。

「人気シリーズ」にもかかわらず低評価

ところが、いざふたを開けてみると、プレイヤーの評価は散々。さまざまなサイトで得られたメタスコア(複数の評価サイトのレビューをまとめて数値化したもの)も低く、Fallout76を返品しようとする動画をアップする人まで現れた。愛されるオープンワールドだったFalloutシリーズ最新作に、いったい何が起きたのだろうか。

この連載の一覧はこちら

現行のFalloutシリーズは、核戦争後のポストアポカリプスと、レトロフューチャーをたっぷりと盛り込んだ、オープンワールドアクションRPGである。Fallout76の「76」はナンバリングの番号ではなく、主人公が生活していた核シェルター「Vault76」に由来している。

Vault76に暮らす主人公は核戦争があってから25年後、Vault-Tec社の意向により、アメリカの復興に向けてシェルターの外に放り出される。外の世界は荒れ果てており、あらゆるものが放射能で汚染された状態。巨大化、奇形化、凶暴化した昆虫や動物たちが彼を襲う。

巨大化、奇形化、凶暴化した昆虫や動物たちがプレイヤーを襲う(写真:ベセスダ・ソフトワークス)

汚染の影響は人も例外ではない。放射能に侵されて知能を失った人たちは、フェラル・グールと化して主人公に襲いかかってくる。もちろん、スーパーミュータントや、マイアラーク。そして圧倒的な力を誇るデスクローと言った、シリーズおなじみの敵も健在だ。

次ページ「オンライン化」による弊害
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT