性的虐待を人格交代で凌いだ女性の壮絶半生

トラウマ治療で乗り越えた48歳女性の軌跡

幼稚園の頃からしばしば"乖離"を起こしてきたなつきさん(仮名)が、「普通に幸せ」と言える状態になった今、届けたい感覚とは(写真:丸山さん提供)

主治医とともに会場を歩くその人は、私の友人にもいそうな、ごく普通の同世代の女性でした。丸山なつきさん(仮名)、48歳。「養父から身体的虐待、母親から精神的虐待、叔父から性的虐待を受けて育った」という過去は、本人が語らない限り想像もつきません。

小さいときから日々受けてきた虐待と、これによって生じた多重人格や、処方薬依存の症状。そして、今の主治医や病院と出会ってからの再生の日々――。取材受付フォームから届いたなつきさんのメッセージには、言葉を失うような過去が記されていました。

この連載の一覧はこちら

メッセージの最後には、近々ある講演会で「虐待サバイバーとしての体験談を話す」ことが添えられていました。「行ってみよう」と決めたのは、正直なところ、初めから1対1で話を聞くのが少し怖かったからでもあります。

10月のある朝、上野から新幹線と在来線を乗り継いで、長野市内の会場へ。なつきさんは、主治医である松本功氏(赤城高原ホスピタル副院長)の講演の終盤に登壇しました。

私が彼女から直接詳しい話を聞かせてもらったのは、その日の午後です。会場の白い小さな控え室にはスタッフが家から持ってきた果物のタッパーが置かれ、かわいらしい彩りを添えていました。

いつも体のどこかに傷を負っていた

関西の下町に生まれたなつきさんは、母親の再婚相手である養父から激しい暴力を受けて育ちました。養父はアルコール依存でした。朝は蹴り起こされ、食事は日に一度もらえればいいほう。数日食べさせてもらえないことや、全裸で裏庭に出されることもたびたびあり、両手を骨折したり、熱湯を浴びせられてひどい火傷を負ったり、いつも体のどこかに傷を負っていました。

次ページ被害者が抱える自責の念
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT