幸せの国ブータンでは障害者も「幸せ」なのか

彼ら彼女らは過酷な環境に置かれている

国民の97%が「私は幸せである」と答えるブータンで、障害者の置かれている状況を聞く(写真:筆者提供)
“世界一幸福な国”というキャッチフレーズで知られるブータン。先代の国王がGNP(国内総生産)に代わるGNH(国民総幸福量)という概念を導入し、国として経済的な豊かさよりも精神的な豊かさを優先させてきた。その効果として、2005年の国勢調査では国民の97%が「私は幸せである」と答えている。
そんな話を聞くたび、私はある疑問を頭の中に思い浮かべていた。
「幸せの国ブータンでは、障害者も幸せなのだろうか?」
私はその真偽を確かめるべく、今年1月、ブータンの首都ティンプーへと向かった。
今回、お話を伺ったのは、障害児の教育支援を行うAbility Bhutan Society(以下、ABS)、障害者の職業訓練を支援するDraktsho Vocational Training Centre for Special Children and Youth(以下、Draktsho)、障害者の当事者・家族団体であるDisabled Persons' Association of Bhutan(以下、DPAB)の3団体だ。

ブータンにおける障害児の教育の実態

――ブータンにおける障害児はどのような教育を受けているのでしょうか?

ビシュヌ(ABS):わが国には16の特別支援学校があるので、障害のある子どもたちはそこで教育を受けることになります。

――すべての障害児がその特別支援学校で教育を受けている?

ビシュヌ:いえ、障害の程度が軽い子どものみで、そうでない子は通えていないのが現状です。

――ブータンには20の県があるとお聞きしました。自分が住む県に特別支援学校がないというケースも出てきますが、その場合はどうなるのでしょう?

ビシュヌ:残念ながら、現時点では学校には通えていない状況です。

――学校に通えていないということは、何かしら別の手段で教育を受けているのですか?

ビシュヌ:いえ、そうした子どもたちは基本的に家で過ごすことになります。家族が読み書きなどを教えるといったことも、ほとんど行われていません。

――つまり、教育を受けることのできない障害児が多くいる。

ビシュヌ:はい。そこで、そうした状況を改善すべく、2011年に私たちABSが設立されたのです。

次ページいじめという現象自体があまり起こらない社会
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT