幸せの国ブータンでは障害者も「幸せ」なのか

彼ら彼女らは過酷な環境に置かれている

――それはどういうことですか?

ガデン:その……つまり……男性が自らの性欲を処理するのに貴重な存在として見られてしまっているということです。

障害者年金などの制度はない

――そういうことが黙認されてしまっているのですね……。日本では経済的に自立することが難しい障害者に対しては、国から年金が支給されますが、ブータンにもそうした制度がありますか?

ガデン:いえ、ブータンにはありません。

――では、そうした人々はどのようにして生活をしているのですか?

ガデン:親が面倒を見ることになります。

――しかし、親というのは原則として、子どもよりも先にこの世を去ることになります。残された後はどうなるのでしょう。

ガデン:きょうだいや……親類縁者ということになるでしょうか。

――そうした年金制度の創設などに向けて、声を上げていくような動きはないのですか?

ガデン:実は、そうした動きも起こりつつあります。ブータンでは、いわゆる“障害者問題”に目が向けられるようになったのはここ10年くらいのことなので、これからさまざまなことが変わっていくのだと思っています。

教育も満足に受けられない。仕事もできず、家族も持つことができない。さらには、政府からの支援もない。このような状況を、当事者たちはどのように受け止めているのだろうか。

障害当事者団体「Disabled Persons' Association of Bhutan」職員のテンジン氏(左)と、キンザン氏(右)(写真:筆者提供)

――政府に対して、当事者団体として最も望んでいることは何でしょうか?

キンザン(DPAB):私は左手に軽い麻痺があり、障害当事者としてこの団体の職員をしています。いまは障害者政策にほとんど予算が回されていないので、まずはきちんとそこに予算をつけてほしいということがありますね。

次ページ教育に力を入れてほしい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。