日本人が知らずにしている人種差別の「正体」

「シャイ」という言葉に隠れた恐れ

あなたも知らずに外国人に対して、「差別」をしているかもしれない(写真:Sadeugra/iStock)

最近、私が日本での人種問題について書いた記事について、日本人の友人と話していたときのこと。彼女はきっぱりと、「悪いけど、あなたは間違っている。日本に人種差別はないわ」と私に言った。

私にそのようなことを言った日本人は彼女が最初ではない。実質的には日本のスローガンのようなもので「日本へようこそ! 人種差別がないこの国なら、きっと楽しい滞在になりますよ!」という確信が心に埋め込まれているのだろう。これに反する意見にはいつだって失望させられてしまう。それもわからなくはない、現代の国際風潮では、人種差別がないというのは国の自慢であり、またそうであるべきだからだ。

日本には人種差別がないという「確信」の理由

しかしこの確信は、ある視点から見た場合だけ本当だといえる。その視点を成立させる考えは2つあり、まず1つ目は、人種差別が日本では事実上ありえないのは、大多数が日本人として識別されるから、とする考え(人種差別は米国のような多人種、多文化国家でしか起こらない)だ。

もう1つは、本の文化や歴史――中には日本人の「天性」を持ち出す人もいる――が寛容な国民性を育んできたため、日本人は非日本人とは違い、人種を理由に嫌ったり、ひどい仕打ちをしたりするようなことはない(テレビのニュースなどで見る、激しい人種差別がはびこるアメリカのようなことは起こらない)という考えである。確かに、この2つの視点だけで見れば、日本には人種差別は存在しないことになるだろう。

が、どの集団においても多数派によって何かの主張が示されるとき、意見が合わない声――特に表面上は同調しようとしている少数派の声――は、多数派の声に合わせるか、不協和音を起こすかのどちらかになるのだが、日本における少数派は、かなり違った声で歌っているようだ。

まず1つ目に、人種差別には全世界共通の定義がないことがある。これは日本に限ったことではない。2つ目は、人種差別はつくりあげられたもの、だということ。当たり前の話だが、繰り返し伝えるべきことだ。それも声を大にして!

では1つずつ、詳しく見てみよう。まず、人種差別には定義がないということについて。

ある行為や態度が差別主義的とみなされるかどうかは、その社会の感覚や文化によるが、日本における人種差別は、人によって異なる定義があるのではないか、という疑念を私は持っている。2つ目は「人種差別はつくりあげられたもの」だということ。当たり前の話だが、繰り返し伝えるべきことだ。

次ページ憎悪や暴力だけが差別ではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。