日本のお家芸「材料科学」が揺らいでいる理由

「マテリアルズ・インフォマティクス」の衝撃

日本人が開発、あるいは大きな貢献をした新材料は枚挙にいとまがないが、この「お家芸」にも、だいぶかげりが見えてきている(写真:sergeyryzhov/iStock)

石器時代、青銅器時代、鉄器時代といった区分があるように、新たな「材料」の登場は、時代の画期となると同時に、その覇者をも決めてきた。たとえば、紀元前15世紀に鋼鉄の製法を発見したヒッタイト人が、小アジアに強大な覇権国を築き上げたのは、よく知られている話だろう。

「材料科学」の覇権争い

米ソ冷戦期においても、新たな材料の開発をめぐり、両国は熾烈な競争を繰り広げた。なかでも宇宙開発では、高熱や極寒、真空にも耐える高性能な材料が必要とされたが、ソ連がアメリカに先んじて1957年に人類初の人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げに成功し、アメリカの自信を打ち砕いた。

この「スプートニク・ショック」を受けて、アメリカは翌1958年にアメリカ航空宇宙局(NASA)を設立、優秀な人材と莫大な予算を投入し「材料科学(マテリアル・サイエンス)」という新たな研究分野を立ち上げる。そして1969年には、アポロ11号で人類初の有人月面着陸を成功させ、完全にソ連を巻き返した。

このように「材料科学」は、世界の覇権争いを左右する重要な科学分野のひとつである。そして、日本はこの材料科学をリードしてきたトップ国のひとつだが、残念なことに、その重要性は日本の人々にはあまり知られていない。

そこで筆者は『世界史を変えた新素材』(新潮選書)という本を刊行し、世界史の中で新材料の開発がいかに大きなインパクトを持ってきたかを紹介するとともに、いま日本の材料科学が直面している危機について書いてみた。

次ページ中国に猛追される日本の「お家芸」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT