日本のお家芸「材料科学」が揺らいでいる理由

「マテリアルズ・インフォマティクス」の衝撃

日本人が開発、あるいは大きな貢献をした新材料は枚挙にいとまがないが、この「お家芸」にも、だいぶかげりが見えてきている(写真:sergeyryzhov/iStock)

石器時代、青銅器時代、鉄器時代といった区分があるように、新たな「材料」の登場は、時代の画期となると同時に、その覇者をも決めてきた。たとえば、紀元前15世紀に鋼鉄の製法を発見したヒッタイト人が、小アジアに強大な覇権国を築き上げたのは、よく知られている話だろう。

「材料科学」の覇権争い

米ソ冷戦期においても、新たな材料の開発をめぐり、両国は熾烈な競争を繰り広げた。なかでも宇宙開発では、高熱や極寒、真空にも耐える高性能な材料が必要とされたが、ソ連がアメリカに先んじて1957年に人類初の人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げに成功し、アメリカの自信を打ち砕いた。

この「スプートニク・ショック」を受けて、アメリカは翌1958年にアメリカ航空宇宙局(NASA)を設立、優秀な人材と莫大な予算を投入し「材料科学(マテリアル・サイエンス)」という新たな研究分野を立ち上げる。そして1969年には、アポロ11号で人類初の有人月面着陸を成功させ、完全にソ連を巻き返した。

このように「材料科学」は、世界の覇権争いを左右する重要な科学分野のひとつである。そして、日本はこの材料科学をリードしてきたトップ国のひとつだが、残念なことに、その重要性は日本の人々にはあまり知られていない。

そこで筆者は『世界史を変えた新素材』(新潮選書)という本を刊行し、世界史の中で新材料の開発がいかに大きなインパクトを持ってきたかを紹介するとともに、いま日本の材料科学が直面している危機について書いてみた。

次ページ中国に猛追される日本の「お家芸」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。