理系学生が選ぶ「就職人気ランキング」100社

トップ10の半数が食品、航空人気はここでも

3月に法政大学で行われた学内企業説明会。就職人気ランキング1位の明治グループの会場には、多くの学生がつめかけていた(撮影:梅谷秀司)

企業は今、理系人材を確保することに躍起だ。

業務のAI(人工知能)化やビッグデータの有効活用が叫ばれ、高度なICT(情報通信技術)が求められる中、そうした分野に強い理系人材を求める動きが活発化している。

「就職四季報」特設サイトはこちら

1日でも早く採用したいという思いは強い。文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所が実施した学生アンケート調査によると、4月上旬時点の内定取得率は文系学生25.9%に対し、理系学生は33.9%。このデータからも企業が「まず理系学生に内定を出す」状況がうかがえる。

では、そんな企業に人気の理系の学生が、逆に注目している会社はどこなのか――。

4月20日配信の「学生2万人が選ぶ『就職人気ランキング 』 300社」で、就活生が行きたいと考えている上位300社を掲載し、その後も男女別など属性別のランキングを作成している。今回は対象を理系学生に絞った、「就職人気ランキング・理系学生版」の上位100社を紹介したい。

理系学生は争奪戦の様相を見せる

このランキングは、文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所が実施した、「就活ブランドランキング調査」を基にしたもので、調査対象者は、同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録している、現在就職活動中(2019年春卒業・修了予定)の大学生や大学院生だ。調査期間は就活の前半戦の時期にあたる、2017年10月1日から2018年3月31日までの半年間。ランキング表に2019年卒・前半の総合順位と、昨年の同じ時期に調査した(2018年卒の)理系順位を掲載している。

次ページ1位は明治グループ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。