女子学生が選ぶ「就職人気ランキング」100社

1位と2位はガチンコのライバル企業

女子就活生たちが入りたいと考えている人気の会社はどこか? (写真:mits / PIXTA)

就職状況を男女別でみると、わずかではあるが女子のほうが就職率は高い。

厚生労働省と文部科学省が定期的に行っている大学等卒業予定者の就職内定状況によると、今年卒業した「2018年卒」の2月1日時点の就職希望者に占める内定率は75.2%と過去最高だ。これを男女別でみると、男子74.5%、女子76.0%と女子のほうが高い。この傾向はここ数年変化がない。

「就職四季報」特設サイトはこちら

ただ、就職活動の序盤だと、様相が異なる。リクルートキャリア・就職みらい研究所の就職プロセス調査によると、現在就活中(2019年卒)の4月1日時点の内定率は、男子23.6%に対して女子16.8%。昨年のデータを見ると5月末くらいまで男子の内定率が高く、6月に入ってから「男女逆転」が起きている。

就活期間中に方針転換などがあるかもしれないが、内定は遅くなっても、結果は男子よりも高くなるというのが女子学生の就活戦線の特徴といえるだろう。

女子の内定率は6月に入って男子を逆転する

そんな女子就活生が就活の序盤に「行きたい」と考えている会社はどこか? 文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所は、「就職ブランドランキング調査」を毎年実施している。調査対象は就職サイト「ブンナビ!」に登録する、現在就活中(2019年春卒業予定)の大学生や大学院生。それを基に作成したのが、4月20日配信の「学生2万人が選ぶ『就職人気ランキング 』 300社」で、今回はそこから属性別ランキングとして、「就職人気ランキング・女子学生版」の上位100社を紹介していきたい。

次ページ調査期間は昨年10月から半年間
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT