東レが優良企業に変貌、絶好調の背景は?

ユニクロとの戦略的提携はTPPが追い風に

協力関係も3期目に突入する東レとファーストリテイリング。日覚昭廣社長と柳井正社長兼会長は上機嫌(撮影:尾形文繁)

1133円――。2016年3月期の中間決算を発表した翌日の11月11日、東レの株価が一時高値を更新した。株式時価総額ではライバルと目されていた帝人(約4200億円、11月18日現在)の4倍強、1.8兆円に達する。

2000年代初めには危機的な状況に陥った時期もあったが、その後あれよあれよという間に「繊維を祖業とする総合化学業」(日覚昭廣社長)の優良企業に成長した。来年には設立90周年を迎え、経団連の会長を輩出するなど、このところよいニュースが相次いでいる。

東レを牽引する繊維と炭素繊維の2大事業

東レを牽引しているのが、祖業の「繊維」と、長い年月を経て花開いた「炭素繊維」の2大事業だ。2016年3月期の業績は当初、連結売上高2兆2500億円、営業利益1500億円を見込んでいた。しかし、11月の中間決算時に営業利益を50億円ほど上方修正した。上方修正の理由は、繊維と炭素繊維の両事業が想定以上に好調だったからだ。

炭素繊維事業を支えているのは、航空機や圧縮天然ガスタンク向けだ。とくに航空機向けは、米航空機大手・ボーイングの成長に伴い、米国でも着々と地歩を築いている。11月には米国のサウスカロライナ州に取得した工場用地に、約500億円を投じて高性能炭素繊維の生産設備を新設することを決めた。炭素繊維の一環生産設備はこの工場が米国初であり、年産2000トンの新工場から、2019年にボーイング向けへ供給を開始することにしている。

ボーイング社とは、「787」だけでなく、新型機「777X」向けにも炭素繊維を供給する包括的な長期供給契約を結んでいる。今後10年以上にわたり、ボーイング向けに総額1.3兆円(110億ドル)超を供給する見込みだ。

次ページユニクロとの関係をいっそう強化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。