クセが強い!北朝鮮「テレビCM」不思議な世界

製造工程の紹介がマニアックすぎる

しかし、楽しいはずのショッピングはウンシルを幸せにはしない。家で1人になったウンシルはメークを試みるが、途中でイライラを募らせ、化粧品を投げ捨てる。美しい服からいつもの制服に着替え、工場へと戻るウンシル。妻が欲しがっているのは高価な化粧品やきらびやかな服ではなく、自尊心とやりがいだということをようやく悟ったヨンチョルは、妻が工場で働き続けることに同意する。

もっとも、『新婚夫婦』に込められたプロパガンダは、スズメを蹴散らすのに大砲を持ち出すようなものだった。1955年の北朝鮮では、実は経済の復興どころか、「静かな飢饉」が起こっていたからだ。当時の北朝鮮国民にとって最大の関心事は、いかに生き延びるか。華美な消費に警告を発しなければならないような状況では、まったくなかった。

とはいえ、この映画で示された道徳観こそが、北朝鮮国民が従うべき規範だった。共産主義によってもたらされた繁栄を称えながらも、決して消費文明に染まることはない――そんなモラルが国民には求められていたのである。このような規範は1980年後半まで維持されることになる。

食糧難と将軍様と化粧品

しかし、食糧難から大量の餓死者が出た「苦難の行軍」時代(1990年代半ば~1990年代後半)になると、このような規範にも修正が加えられるようになった。チュチェ思想による経済的成功のイメージは「ジャガイモやトウモロコシの豊作」へと後退を迫られ、「ぜいたくは敵だ」のプロパガンダが大音量で鳴り響くようになる。

映画に出てくるヒロインのイメージも変わった。当時の映画のヒロインは、労働によってやつれ、汗と土まみれになった人物として描かれている。化粧やおしゃれは論外だ。

2000年代に入り、市場経済の密かな導入によって経済が安定すると、プロパガンダも変容。すべての成功は聡明なる最高指導者、金正日総書記、ならびに北朝鮮の優秀な共産主義システムのおかげ、という路線がとられることになった。

強調されたのは物質的な豊かさと身だしなみ。女性には、偉大なる最高指導者の権限において、美しく着飾る権利が与えられた。

次ページ2000年代に入ると本格的なCMが登場
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。