北朝鮮未婚女性は「避妊率4.29%」という事実

8500世帯調査で「北朝鮮の実生活」が明らかに

スマートフォンを使用する若い女性(写真:北朝鮮ニュース)

国連児童基金(ユニセフ)は6月20日、北朝鮮国民に関する最新データを公表した。データはユニセフが開発した複数指標クラスター調査(MICS)によるもので、北朝鮮の中央統計局が8500世帯を対象に2017年に調査を実施した。同様の調査は北朝鮮でこれまでに3度行われており、今回は2009年以来のものとなる。

「北朝鮮の子どもや女性に関する調査としては、これまでで最も網羅的なものだ」とユニセフは北朝鮮ニュースにコメント。調査は幅広い項目を扱っており、DV(家庭内暴力)に対する考え方、避妊状況、マスコミとの接し方、ITスキルなどの内容が含まれている。

ユニセフによれば「データは正確」

調査対象になった8500世帯の分布は、5125世帯が都市部で、3375世帯が農村部。北朝鮮の人口は2500万人と推定されるためサンプル数は多いとはいえないが、ユニセフによれば「データは正確」だという。

本記事はNK News(北朝鮮ニュース)の翻訳記事です

ユニセフはMICSの専門家を含む職員を北朝鮮に派遣し、少なくとも300世帯の調査をモニター。調査対象は無作為抽出など国際慣行にのっとった手続きで選ばれており、その調査内容についてはMICSの専門家もチェックしているという。

では、8500世帯の調査データによって明らかになったこととは何だろうか。

まず目を惹くのが、家電製品の所有状況など、生活の豊かさに関する項目である。

次ページ8500世帯すべてが電気を利用
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。