アンダーアーマーが卓球新リーグで狙う勝機

ドーム・安田秀一CEOが分析する卓球の可能性

さらに、卓球という新しい市場に参入する意義について、安田氏はこう話す。

卓球という新しい市場での可能性を話した安田氏(撮影:尾形文繁)

「近年のスポーツ業界は不祥事が多いですが、これは各スポーツのガバナンス(統治)が確立されていないことが問題としてあります。

まさにガバナンス欠如によるクライシス(危機)に陥っている。だから『本来はこうしたほうがいいよ』という成功事例を見せてあげることが必要だと感じています。その中で、卓球という新規市場参入のお話をいただいた。

Tリーグという日本の新しいリーグを盛り上げることにより、スポーツ界のベストプラクティス(好事例)を生み出すことができるのではないか。それを他のスポーツにも共有することで、業界を良い方向に導けるのではないか、と思ったんです。ドームとしてはそこに社会的意義を見いだしました」(安田氏)

それは「スポーツを通じて社会を豊かにする」「社会価値の創造」という理念を掲げたドームならではの考えだ。

ただ、スポーツを通じた社会貢献活動を積極的に実施するためには、それに賛同してくれる企業やアスリートの参加が必要不可欠。だからこそ、選手やチームと契約する際は、自社の広告を宣伝するための「知名度」より重要視するポイントがあるという。

「僕らはこれまでいろんなスポーツに協賛していますが、そのチームや選手が有名だから契約する、ということは基本的にありません。どのようなメッセージ性を持っているのか、一緒に取り組んでいくことで、何に対してどんなことを発信できるのか。そういうところを見極めてから契約するかどうかを判断します。

また、社会をより良くするためにお互い汗をかきながら取り組めるかどうか。そこもパートナーを選ぶ際の大きな要素です」(安田氏)

「どんな観戦スタイルが定着するか」がカギ

Tリーグには「世界一の卓球リーグを作る」という理念がある。

参戦する選手を見ると、平野美宇(日本生命レッドエルフ)や水谷隼(木下マイスター東京)、10月5日(金)に正式に参戦を発表した石川佳純(木下アビエル神奈川)など、国内のトッププレイヤーが集結。さらに強豪・中国や欧州のトップランカーも続々と参戦を表明している。

選手だけを見れば、半世紀以上の歴史を誇るドイツのプロリーグ「ブンデスリーガ」にも引けを取らない。だが、リーグを継続的に盛り上げるうえで「エンターテインメント」としての要素もなければ、開幕直後の一時的なブームが過ぎ去ってしまうと卓球を愛する「ファン」しかやって来なくなるだろう。そこで安田氏は、「スポーツの本質は試合を観ることだけではない」と提言する。

次ページ五感を刺激するような要素も必要
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT