Tリーグ開幕!卓球の新リーグが見せた可能性

開幕戦は、木下マイスター東京が勝利

Tリーグ開幕戦で勝利した木下マイスター東京の張本智和選手(左)と水谷隼選手は試合終了後に報道陣の前でがっちりと握手を交わした(筆者撮影)

「今日という日をずっと待ちわびていました。オープニングではすごく感動してしまって、ウルウルしてしまいましたし、試合では今までにないくらい緊張してしまいました。僕たち選手がいちばん興奮しているし、やりがいを感じています」

10月24日、東京・両国国技館。卓球の国内外のトップ選手を集めた新リーグ「Tリーグ」が開幕。10年以上にわたって日本卓球界を牽引し、国内にプロリーグが立ち上がるのを待ち望んでいた水谷隼は、試合後のインタビューで感慨深げに話した。

この連載の一覧はこちら

開幕戦のカードは男子のT.T彩たまと木下マイスター東京。

初戦はダブルス、残りの3戦はシングルスが行われ、計4試合の勝敗により、3-1で勝利した木下マイスター東京が勝ち点3を獲得。世界トップレベルのプレーに集まった卓球ファンは大いに盛り上がった。

ハイレベルなラリーが続いて、ポイントが拮抗すると観客からは大きな拍手が起こり、選手の名前をコールするなど大きな声援が送られていた。

両国国技館を”卓球の聖地”にしたいという思い

試合が始まる2時間前の17時。試合が行われる両国国技館前には、多くの卓球ファンや報道陣が集まっていた。入り口付近に並んでいたTリーググッズのブースをのぞくと品薄状態。入館前から、卓球ファンの盛り上がりを感じさせる光景だった。

実際に会場に入ると、天井には巨大モニターが4台吊るされ、普段は土俵がある位置に卓球台を1台設置。“大相撲の聖地”から、卓球仕様の両国国技館へと変貌を遂げていた。

会場内は卓球仕様の国技館へと変貌を遂げていた(筆者撮影)

試合開始30分前のオープニングセレモニーでは、モニターに張本智和(木下マイスター東京)らTリーグに出場する選手たちの映像が流れ始める。

それぞれの卓球人生の歩み、そして開幕へ向け意気込む姿がファンの前に映し出された。

その後、参戦する男女8チームの代表選手が登壇。最後にTリーグチェアマンの松下浩二が高らかに開幕宣言をすると、会場のボルテージが一気にあがった。

開幕カード、木下マイスター東京(東京)vs.T.T彩たま(埼玉)の試合。初戦のダブルスは、木下マイスターは水谷隼&松平健太ペア、T.T彩たまからはチョン・ヨンシク&平野友樹ペアが登場。注目の開幕1球目は、平野のサーブで幕を開けた。

次ページ開幕戦は熱戦が繰り広げられた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。