卓球で「公式ボールの製造国が有利」は本当か

国際基準はあるが、国によって微妙に異なる

最高級品の「プラ3スタープレミアム」は1個あたり360円(写真:記者撮影)

「チョレイ!」でお馴染みの張本智和選手など若手が台頭し、国際大会でメダルの常連となった卓球ニッポン(なお、張本選手は「チョレイ」の試合中の使用を現在自粛している)。この躍進の陰には、日本の「卓球ボール」の存在もあることをご存じだろうか。

プロ選手も指摘する「ボールが試合に与える影響」

「ボールが違うだけでこんだけ波乱起こるんだもん
ニッタクや新ボールだったら全選手にチャンスあるよ」

こうtwitterに投稿したのは、世界ランク14位(2018年3月時点)の水谷隼選手。2017年4月に中国・無錫で行われたアジア卓球選手権大会で、中国の有力選手・馬龍が負けるなど番狂わせとも言える結果が相次いだのを受け、ボールが試合に与える影響の大きさを語っている。同大会では日本メーカー・ニッタク製のボールが採用され、日本勢の躍進が目立ったのだ。

この連載の一覧はこちら

国際大会で使用される公式球を製造しているのは、現在は世界で3カ国のみ。日本に1社(ニッタク)、中国に2社、ドイツに1社ある。

大会によって、この3カ国のボールのうち複数が公式球となる場合もあれば、1社のボールのみ採用されるケースもあるため、慣れ親しんだ自国製のボールが公式球だと練習通りの実力を発揮できるようだ。

次ページ日本製が公式球となった昨年の世界選手権は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT