卓球人気沸騰!競技の課題と未来のカタチ

盛り上がる渋谷の「卓球ブーム」に迫った

渋谷駅から徒歩5分程度の場所に昨年開業したT4 TOKYO。卓球の複合施設だ(筆者撮影)

1月15日から7日間にわたって行われた、全日本卓球選手権大会。男子シングルスでは14歳の張本智和選手が優勝9回の水谷隼選手を破り、男女を通じて史上最年少優勝を果たした。女子では17歳の伊藤美誠選手がシングルス、ダブルス、混合ダブルスを制して3冠の偉業を成し遂げた。

こうした若手の台頭とともに、「卓球」という競技自体に注目が集まり、人気も増加傾向にある昨今。付随して、卓球をビジネスコンテンツとして導入している企業は、競技の“やる場所”の普及をコンセプトとして挙げている。

そのひとつがスヴェンソンだ。事業としてはヘアケア商品の製造・販売を行っているが、企業理念の1つとして掲げている「健康」をテーマに、卓球を中心としたスポーツ支援にも積極的に取り組んでいる。所属選手には卓球男子の丹羽孝希選手や車椅子卓球の茶田ゆきみ選手がいる。

複合型卓球スペース「T4 TOKYO」が開業

昨年の6月には日本初となる複合型卓球スペース「T4 TOKYO」(以下、T4)を東京・渋谷にオープン。卓球を楽しめるスペースはもちろん、「レストラン&バー」と「卓球ブランドショップ」も取り入れた。加えて、プロコーチのもとで行われる「卓球スクール」があり、“飲食店”で本格的な指導を受けることができる。まさに、新しいライフスタイルを共有できる新時代の卓球施設。運営するのはスヴェンソンの子会社で2017年4月に設立されたスヴェンソンスポーツマーケティングだ。

この連載の一覧はこちら

またT4はオープンと同時に、卓球台に映像を写して相手の陣地のブロックを崩していく新感覚のデジタルゲーム『PONG!PONG!』も導入。

開発したアカツキは、様々なスポーツのデータを解析するデータスタジアムとタッグを組み、これまでにない“新しいカタチの卓球”を生み出した。

2018年秋には、卓球のプロリーグ「Tプレミアリーグ」が開幕を予定している。その2年後には東京五輪・パラリンピックも迫る。こういったビッグイベントをきっかけに、機運が高まっている日本卓球界。T4といった卓球レストラン&バーが増えている渋谷で、時代の変化に伴う「卓球ブーム」の現状と、競技としての未来を分析してみる。

次ページスヴェンソンが立ち上げたきっかけ
関連記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。