埼玉製防具をMLB選手70人が愛用する理由

一度倒産した会社が奇跡の復活を果たした

ベルガードの防具をつけたスタントン選手(昨シーズン、現在はニューヨーク・ヤンキースに所属、写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

超一流のカノやスタントンも使う

2月に入ると、日米プロ野球のキャンプがスタートする。日本は2月1日から12球団一斉にキャンプに入り、米国大リーグ(MLB)は2月半ばから投手・野手に分かれてキャンプを行う。今年は“二刀流”大谷翔平選手のMLB挑戦や、注目ルーキーの清宮幸太郎選手(北海道日本ハムファイターズ)など話題も豊富だ。キャンプの様子や、大物選手の動向を多くのメディアが報道している。

一方、選手を支える野球用品について報じられることは少ない。その野球用品に「ベルガード」というメーカーがある。業界内では、特に捕手が着けるマスク、プロテクター、レガースや、打者が手足につけるアームガード、フットガードといった「防具」に定評があるが、一般の知名度は低い。前身の会社から80年を超える歴史を持つが、本社は埼玉県越谷市の“町工場”で、従業員はわずか4人だ。

そんなベルガードが近年、大きな注目を集めている。MLBの有名選手がこぞってベルガード製の防具を愛用するのだ。その中には、通算300本塁打を達成したロビンソン・カノ選手(シアトル・マリナーズ)や、昨季59本塁打で本塁打王と打点王に輝き、ニューヨーク・ヤンキースに移籍したジャンカルロ・スタントン選手といった超大物もいる。

次ページ選手の「要望」に細かく対応
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT