卓球人気沸騰!競技の課題と未来のカタチ

盛り上がる渋谷の「卓球ブーム」に迫った

「卓球の競技人口は増えているけど、“やる場所”が足りないんですよ」

スヴェンソンスポーツマーケティングの山下亮社長は、開口一番そう切り出した。

山下社長は、T4を立ち上げる前、新たな角度から卓球シーンを盛り上げるための構想を練っていた。そこで、世界の卓球文化を目にしようと渡米を決断。立ち寄ったニューヨークでは「SPiN New York(スピン・ニューヨーク)」というナイトクラブのような卓球バーが展開しており、従来の日本とは違う卓球の在り方を、山下社長は目撃した。

「ニューヨークでは、“ガチ”で打ち合うような卓球はしていませんでした。音楽をガンガンかけてお酒を飲みながら、みんなで卓球を楽しむ。そういう文化が根付いていたんです。このような卓球スペースを提供することで、違う角度から『卓球って面白いな』と感じてもらえる。そんなお店を作りたいと思いました」

山下社長は卓球の経験が無かったが、T4設立を機に、卓球の魅力にのめり込んでいったという(編集部撮影)

その後、山下社長は「ラリーコミュニケーションテーブル」をコンセプトに、「飲んで」「食べて」「楽しく」「腕を磨く」という4つの要素を組み込んだT4を開業。流行の最先端が集まる渋谷の地に、新たなトレンドを生み出した。

それも、ただの卓球バーではない。1階のエントランスには、卓球男子日本代表オフィシャルサプライヤー「VICTAS(ヴィクタス)」のブランドショップがあり、様々な卓球用品を取り揃えている。

卓球台には、打球の軌跡や速度をデータ化できる「卓球トラッキングシステム」を導入。ラバー等を購入した後、すぐに試し打ちで利用することができる。

地下1階には、実業団の所属選手などがコーチとして指導する卓球スクール「TACTIVE(タクティブ)」もオープン。卓球初心者や「久々にやりたくなった」という部活経験者、もちろん「上手くなりたい」と競技力向上を目的とした人も、一流目線からの教えをうけることができる。

「卓球をやりたい人は増えています。ただ、やる場所が少ない。卓球ができる環境と、教えてくれるコーチ、その普及と底上げが必要です。競技としてのブームが続いていても、できなければ意味がない。そういう場を広げていくことが、ビジネスモデルのコンセプトなんです」

T4の地下1階で練習に励むパラアスリートとコーチたち(編集部撮影)

施設と育成の普及を日本卓球界の課題に挙げた山下社長は、パラリンピック選手にも目を向けていた。パラスポーツにおいて、練習環境が十分に整っていないことが現状としてある。そこで同スクールでは、パラリンピック卓球日本代表選手の練習場として場所を提供。

2年後の東京大会に向け、こういった企業の支援が、メダル獲得への大きな鍵となるかもしれない。

卓球の未来のカタチを示した『PONG!PONG!』

T4の地下には貸切可能なVIPルームが用意してあり、広々とした空間で卓球を楽しむことができる。ここの卓球台には、卓球アクティビティ『PONG!PONG!』を導入。卓球台にプロジェクションされたブロックを、リアルのピンポン球で破壊して点数を競い合う、まさに未来型の卓球ゲームだ。新感覚のMR(Mixed Reality:現実と人工的な仮想空間を融合した複合現実)を体験できることがウリだ。

開発したアカツキは、人気のスマホ向けRPG『サウザンドメモリーズ』などのゲームを提供するなど、多くのスマホ向けゲームを開発している。また同社は、ゲームによる「リアルな体験」を手掛けていく、ライブエクスペリエンス事業を2016年6月にスタート。誰も見たことのない新しい遊びを創出する研究所「あそびラボ」も2017年6月に発足した。

実際に『PONG!PONG!』をプレーする山下社長(中央奥)。ボールがバウンドしたところのブロックが壊れ、制限時間内に多く壊した方が勝ちとなる(編集部撮影)
次ページ技術的問題をどう解決したのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT