アンダーアーマーが卓球新リーグで狙う勝機

ドーム・安田秀一CEOが分析する卓球の可能性

8月上旬に行われたTリーグのユニフォーム発表会見の様子。右端が松下浩二専務理事、その隣が安田秀一CEO。選手たちと並んで、理事に就任した福原愛さん(左端)も出席した(筆者撮影)

「卓球というスポーツのポテンシャルは、正直、完全に未知数です。実際に市場を耕してみないとわかりません。ただ、うまくいけば大きく発展する可能性は十分に秘めているでしょう」

10月24日(水)に開幕が迫る卓球の新リーグ「T.LEAGUE」(Tリーグ)。

そのユニフォームの公式スポンサーとなったUNDER ARMOUR(アンダーアーマー)のブランドを日本での総代理店として展開するドーム代表取締役CEOの安田秀一氏は、卓球市場の可能性についてこう分析した。

ドーム社はこれまで、契約チームとして読売ジャイアンツ(プロ野球)、大宮アルディージャ(サッカー)、琉球ゴールデンキングス(バスケットボール)、パナソニック・ワイルドナイツ(ラグビー)など、さまざまなスポーツチームのユニホームサプライヤーとなっているが、卓球分野への進出は今回が初。

この連載の一覧はこちら

卓球用品を製作してきたこともないため、まさにゼロからのスタートだ。

今までかかわることのなかった、“完全に未知数”だという卓球市場に、なぜ参入することを決めたのか。

そして、卓球というスポーツにどのような未来を描いているのだろうか。1年目のシーズン開幕目前となった今、安田氏本人にその真意を聞いた。

契約をするのに「有名かどうか」は関係ない

「松下(浩二専務理事)さんの熱意、これしかない」

8月2日、東京・六本木で行われたTリーグユニフォーム発表会見で、Tリーグとパートナーシップ契約を結んだことを発表したドーム。安田氏はこの日の会見に登壇し、Tリーグへの協力を決めた理由をこう述べた。

松下氏とはじめに会話を交わしたのは今年の5月だったという。改めて当時の会談内容について聞くと、安田氏は真っ先に「松下さんはじめ、Tリーグ幹部の方々が新しいことに挑戦したいという想いが非常に強かった」と振り返る。熱量の高さに圧倒された様子だった。

次ページ卓球市場に参戦する意義
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。