日本は「科学論文の捏造大国」とみられている

多数の良質な研究を貶める少数の不正常習者

STAP細胞をめぐる騒動は小保方晴子氏(写真・右)だけでなく、当時在籍していた理化学研究所全体を揺さぶる大事件に。ノーベル化学賞受賞者の野依良治氏(写真左から3人目)が同研究所理事長を辞任する事態にも発展した(撮影:左・風間仁一朗、右・ヒラカタスタジオ)

8月17日付のアメリカの科学専門誌『サイエンス誌』に、北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」のパロディが掲載された。よくみると、襲い掛かる巨大な白い波頭は論文と思しき大量のペーパーで構成されている。船には江戸時代の船頭ではなく、呆れて見上げる世界中の白衣の研究者たち。

この連載の一覧はこちら

TIDE OF LIES”(嘘の潮流)という記事のタイトル(tideには、「とどめようもなく、莫大な量で押し寄せるもの」という意味がある)。

記事は、日本人の論文捏造(ねつぞう)事件と、それを暴くイギリスとニュージーランドの混成チームの奮闘を報じる。告発者たちの闘いをメインに、捏造論文のもたらす誤った治療や、メタアナリシス(複数の実証データを収集・統合して、統計的手法によりより大きな見地から分析すること)の脆弱性などの問題を取り上げている。

戯画は、日本が「論文不正大国」であると印象づける。さて本当か。 また、不正者はなぜ、無益な不正論文の量産に励んだのか。

一人の人物が大量の虚偽論文を作成

まず『サイエンス』の記事の要旨を紹介する。

はたして日本は「論文不正大国」なのか?(画像:サイエンス誌のサイトより)

弘前大学医学部の元教授である佐藤能啓氏は、リセドロンという薬品により、女性脳卒中患者の骨折率が、86%も改善すると主張するなど、骨折予防に関する論文を多数書いていた。

2005年、ビタミンDの骨折予防効果を調べていたイギリスの研究者(栄養士)が、脳卒中患者とパーキンソン病患者の骨折率を論じた佐藤氏の論文2編において、患者群の平均BMI(Body Mass Index、肥満度を表す)が正確に一致しているなど、複数の不自然な点を発見した。前後してドイツの研究者が、佐藤論文には、同氏が1人で特定の疾病患者500人を数週間ごとに診察したなど、現実性のない記述があることを指摘していた。

次ページ少数だが「論文撤回」の常習犯が多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。