日本は「科学論文の捏造大国」とみられている

多数の良質な研究を貶める少数の不正常習者

STAP細胞をめぐる騒動は小保方晴子氏(写真・右)だけでなく、当時在籍していた理化学研究所全体を揺さぶる大事件に。ノーベル化学賞受賞者の野依良治氏(写真左から3人目)が同研究所理事長を辞任する事態にも発展した(撮影:左・風間仁一朗、右・ヒラカタスタジオ)

8月17日付のアメリカの科学専門誌『サイエンス誌』に、北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」のパロディが掲載された。よくみると、襲い掛かる巨大な白い波頭は論文と思しき大量のペーパーで構成されている。船には江戸時代の船頭ではなく、呆れて見上げる世界中の白衣の研究者たち。

この連載の一覧はこちら

TIDE OF LIES”(嘘の潮流)という記事のタイトル(tideには、「とどめようもなく、莫大な量で押し寄せるもの」という意味がある)。

記事は、日本人の論文捏造(ねつぞう)事件と、それを暴くイギリスとニュージーランドの混成チームの奮闘を報じる。告発者たちの闘いをメインに、捏造論文のもたらす誤った治療や、メタアナリシス(複数の実証データを収集・統合して、統計的手法によりより大きな見地から分析すること)の脆弱性などの問題を取り上げている。

戯画は、日本が「論文不正大国」であると印象づける。さて本当か。 また、不正者はなぜ、無益な不正論文の量産に励んだのか。

一人の人物が大量の虚偽論文を作成

まず『サイエンス』の記事の要旨を紹介する。

はたして日本は「論文不正大国」なのか?(画像:サイエンス誌のサイトより)

弘前大学医学部の元教授である佐藤能啓氏は、リセドロンという薬品により、女性脳卒中患者の骨折率が、86%も改善すると主張するなど、骨折予防に関する論文を多数書いていた。

2005年、ビタミンDの骨折予防効果を調べていたイギリスの研究者(栄養士)が、脳卒中患者とパーキンソン病患者の骨折率を論じた佐藤氏の論文2編において、患者群の平均BMI(Body Mass Index、肥満度を表す)が正確に一致しているなど、複数の不自然な点を発見した。前後してドイツの研究者が、佐藤論文には、同氏が1人で特定の疾病患者500人を数週間ごとに診察したなど、現実性のない記述があることを指摘していた。

次ページ少数だが「論文撤回」の常習犯が多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT