正体はES細胞、STAPは「捏造」だった

小保方氏は責任を問われないのか?!

緑色に光るキメラマウスの正体は……(ロイター/アフロ)

 「STAP細胞は、ほぼ確実になかった」

理化学研究所のSTAP論文の不正に関する外部調査委員会による会見で、桂勲調査委員長(情報システム研究機構理事、国立遺伝学研究所長)は、一般市民にもわかりやすい言葉で断言した。

捏造と改ざんの2つの点で不正が認められ、7月にSTAP論文は取り下げられている。科学の側面からはすでにSTAPはないもの、となっていた。だが、科学者の正確を期す発言のしかたに慣れない一般市民にはわかりづらく、あるのかないのかもやもやした感じがつきまとっていたといえる。今回、ようやく一般社会にとってもはっきりした結論が出たといっていいだろう。

誰がES細胞を混入したのか、わからない

理研のユニットリーダーだった小保方晴子氏らが作成したとしていたSTAP細胞は、特殊な培地で培養すると、胎児になるSTAP幹細胞と胎盤の栄養膜になるFI幹細胞になる。だが、この外部調査委員会で、論文公開とともに公表されていたSTAP細胞の遺伝子データを解析した結果、実はいずれもES細胞由来であり、STAP細胞の多能性を証明するはずだった「緑に光るキメラマウスの胎児」も、ES細胞由来である可能性が高いとされた。ここに至って、STAP細胞は架空の存在だったことが白日の下にさらされた。

「誰がES細胞を混入したのか、わからない」と桂調査委員長は言う。ES細胞とは、受精卵が少し成長した段階の胚盤胞の胚の一部を培養してできる多能性幹細胞のこと。iPSなどとともに再生医療には欠かせない。

STAP論文が公表された後、かなり早い段階から科学者の間ではES細胞のコンタミ(異物混入)についての疑念がささやかれており、10月に開かれた理研統合生命医科学研究センターの遠藤高帆上級研究員の会見で、STAP細胞とされたものは、ES細胞であることがほぼ証明されていた。

次ページ間違いだらけの論文
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT