やっぱり、不祥事の元凶はタコツボ仕事?

止まらない、セクショナリズムの大弊害

 阪急阪神ホテルズから火がついた、レストランのメニュー表示に関する偽装事件。「魚市場直送の鮮魚」と書かれていた食材が冷凍魚、あるいは「九条ねぎ」が普通のねぎ、手作りパンが既製品……と挙げればキリがないほど。その後、別のホテルでも続々と表示間違いが発覚。当方が衝撃を受けたのは、ビーフステーキに牛の脂を注入した牛肉を使用していたこと。ここまでくれば、悪意さえ感じます。

「もうホテルでは食べたくない」

「何気なく、食材の真偽について聞く癖がついてしまう」

と思えるくらいに、重い不祥事です。ついには世界的ホテルチェーン(リッツカールトン大阪)でも「クルマエビ」と表記しながらブラックタイガーであったと指摘が報道されました。こうした事件について

「あの事件で食品管理は強化されたと思っていましたが、変わらなかった」

と指摘するコンプライアンス関連の専門家の声をよく耳にします。あの事件とは2007年におきた、船場吉兆が百貨店内の店舗で賞味・消費期限が切れた菓子や総菜のラベルを張り替えて、売っていた事件です。

さらに贈答用商品や料理に出す牛肉、鶏肉の産地・品種偽装が判明。同社は偽装が会社ぐるみだったことを認め、農林水産省に改善報告書を提出。その後、民事再生法の適用や経営陣刷新を行うものの、結局、経営再建できずに廃業に追い込まれました。

表面的に見えてしまう、経営陣の謝罪

さて、この2つ事件は似ているように見えますが、事件と経営陣とのかかわりが少々違います。まず、

船場吉兆の偽装:コスト削減のため経営陣から指示

船場吉兆では、売場責任者だったパートが経営陣から1カ月期限を延ばして売るように直接指示を受け、賞味期限のラベルを張り替えていました。経営陣は責任から逃れられませんでした。

一方で、今回のホテルの不祥事はどうか? トップからのコスト削減のプレッシャーが現場にかかっていたのは明らか。ただ、明確に偽装しろとは言っていません。少しでもコストを落とすにはどうしたらいいのか?を考えた現場が、コストの安い食材でごまかそうと判断してしまったのでしょう。だからでしょうか。不祥事を起こしたトップがお詫びする姿勢に、

「現場が勝手にやったこと。だから、責任はない」

という雰囲気が醸し出されているように思えてならないのです。

次ページ他部署の人間を「あいつ」呼ばわり
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT