子どもに絶対言ってはいけない「3つの言葉」

夏休みに成長できるかどうかは親次第だ

言ってはいけない言葉2「ダメ」

第4段階の「承認欲求」は、帰属欲求があってこその欲求です。家庭という場所への帰属意識が高まると、家族に自分の存在を認めてほしいという気持ちが芽生えます。この承認欲求が叶えられないと内的な心が満たされません。すると家庭内での行動に支障をきたすようになります。

この承認欲求を満たすかかわり方が、「褒める」「認める」「感謝する」「労う」です。できたことを褒める、やったことを認めるということと共に、手伝ってもらって「助かった」という感謝や、「よくやったね」と、頑張ったことへの労いも重要なかかわり方です。

ですから、頭ごなしの「ダメ」はもってのほかです。よほど危険なことをしているときは必要かもしれませんが、できなかったことに対する「ダメだね」「なぜ○○できないのか」などという否定は、承認の反対にあたり避けなければなりません。「ダメ出し」して責めるのではなく、「どうしたらできるようになるのか」を一緒に考えてあげてください。

子どもはたくさんの小さな失敗が必要

言ってはいけない言葉3「失敗しないようにね」

親として心配だったり、気をつけて、という意味合いがあるのでしょうが、これはマイナスのプレッシャーになります。失敗してはならない、間違えてはならないと思えば、どうしても萎縮しがちになります。子どもは、親の擁護があるうちにたくさんの小さな失敗を繰り返すことが必要で、それを積み重ねて成長していきます。失敗してもリカバリーできるという経験が人生の大きな財産になります。

第5段階の「自己実現の欲求」は、自分の能力や可能性を最大限に発揮し、あるべき理想の自分に近づきたいという欲求です。学習などで目標達成することをはじめ、創作、研究、運動、芸術などさまざまな形で自己実現を図ろうと試みるようになります。

この欲求の実現を後押しするのは、挑戦する気持ちです。失敗を恐れると挑戦する気力をそいでしまうことになりかねません。ぜひ、失敗を恐れずに取り組めるよう応援してほしいと思います。

この夏、家族との絆を感じ、家族に認められ、家族が応援することで、多くの子どもたちのしなやかな成長につながることを願います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本ブランドを売り込め!<br>中国向けEC販路の最前線

中国で2015年以降に広がったライブコマース。「ソーシャルバイヤー」が商品説明をライブ動画で配信しネットで注文を受ける、ECの新手法だ。東京からの配信開始で、日本企業も熱い視線を注いでいる。越境ECの新しい販路をリポートする。